So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

京都大作戦2017三日目(9ガウ) [フェス]

IMG_0306.jpg
暑かったですね〜。ペットボトル4本持って柵前におりました。

三日目は氣志團から参戦。柵前はね〜腹ペコのみなさんがはり付いてますw
氣志團はフェスでしか見ないけど冷静でシニカルな自己評価に感心するし笑う。
今日も翔やん節が炸裂してた。
WANIMA風とかホルモン風氣志團、うまくできてた。
そんでナヲちゃんとダイスケはんが乱入。

WANIMAはものすごい人気ね。柵前といっても、すごい端にいたのに
それでもダイバー飛んできて、顔面蹴られたわ。
そっからは、ずっと後ろ向いてライブ参戦。
学生だったらもっと共感できたかも、だけど、もう死にかけみたいなモンなので
大好き、みたいにはなれない。
でも若い人を応援する歌はいいよね、と思う。

んで、いよいよオオカミちゃん。
どんなオープニングか、わくわく待ってたら
舞妓さんと羽織袴のオジさんがいっぱい出てきてファンファーレ!
G1とか始まるのかと思った(淀の競馬場、近くだし)
テンフィのオープニングで、ドラム前集合とかもソレなんだって。
そんで「10-FEET、はじめます!」でTAKUMAも出てきてデータベース。
セットリストは以下の通り。

01.database feat.TAKUMA
02.Get Off of My Way
03.Raise your flag
04.Dog Days
05.FLY AGAIN
06.Dead End in Tokyo
07.Emotions

Dog DaysとDead End in Tokyo聴けてうれしかった。
FLY AGAINでは、タナパイが端っこにきて手を振ってくれた♡
振り指導もあったよ。
Emotionsでジャンケン歌ってるとき、タナパイめちゃ踊ってて
それもとてもカッコよかった。
ヨーロッパツアーの動画をさんざん見せられて、まだかまだかと
はやっていたから、帰国一発目のライブ見られてシアワセ。
タナパイが後ろのオーディエンスに手を振って、前方に「オ前タチジャナイ!」って
ジェスチャーしてるのも面白かった。
ボイチャンも上手に来てくれたし
サンちゃんのダイブののち、目の前を凱旋とか
いろいろ楽しくて堪能した。
ライブ終わって、タナパイがサッと帰っちゃうのが寂しかったわ。

kyouto_daisakusen.jpg
ホルモン前に不穏な天気に〜涼しいけど恐ろしい〜

ホルモンは後ろで参戦。
メガラバ、シミ、Fときたとこで中断の連絡。
カミナリの中のライブ、幻想的で良かった。。
オオカミがオープニングにホーン隊連れてきたことに対して
「ウチらもケチちゃう」「この雨、特効や〜」とナヲちゃんが言ってたけど
不穏な暗い雲に稲光が走っている中でのライブは超カッコよくて
せっかくオオカミさんが費用かけて演出したのを
軽く上塗りする雰囲気で、ホルモンに嫉妬した。
マンウィズにもあんな雰囲気の中でEmotionsとかやって欲しかった。
…まぁ途中中断はイヤだけど。
それで、みんなガッカリなんだけど、ガッカリを緩和しようと
冗談を交えながら説明するナヲちゃんとダイスケはん
(ナヲちゃん、だいぶシモネタやったけど。)
優しいな〜って思った。
雨はそんなにひどくないし、待ってたら再開しそうと思ったけれど
月曜のこともあるし、ここで離脱。
5時半にはバスに乗って帰ってきた。
やっぱり、フェスを頭から最後まで楽しむには
若い体力が必要と実感した。
見たいアーティストだけ見る、っていう大人見フェスはまた行くかもだけど
ガッツリ行くフェスはこれで打ち止めだな〜って思いました。
あとからネットで見ると、7時には再開できたようで
ちゃんと三日間の終幕の格好がつけられてよかったです。

京都大作戦2017二日目 [フェス]

kyouto_daisakusen2.jpg
テンフィ前の源氏の舞台。スゴイ人ですね〜。

とくに目当てもいないし、体調や体力のことを考えて
お休み日にしようかな〜と思ってたのですが
感じとして、がっつりフェスに参加するのは
年齢的に今年で最後なんだ…と実感して、
では最後の思い出に、と行ってきました。

京都はダイブやサークルモッシュもとっても多くて
出てくるバンドも絶叫系っていうか心情吐露系やおせっかいMC系が多い。
叫んでるヒマがあるなら、ギター弾けよ、
と思うんだけど、出てる方もいろいろな迷いとか
悩みとか希望とかあるみたいでなかなかやまないw

で、RADWIMPSです。
10年ぶりのライブ。
はじめて行ったフェス、RIJFでとってもよかったラッド。
「いいんですか」とかで人気絶頂だった。
私もカッコイイな、とCD買ったりしてたけど
9mmに忙しかったり、ラッドが休止したり
楽曲がイマイチに感じてきたりで
疎遠になってた。
前前前世で脚光を浴びても、特になんも思わなかったんだけど…

なんだかすごく良かった!!
野田くんの才能が煌めいていたね。
いつもメソメソしている男のイメージだったけど
ハキハキとMCして、歌詞も音楽に乗って、
会場の隅々にまで届いてた。
前前前世、フルで初めて聴いた。
で私の知ってる曲もやってくれたし
棒人間で涙が決壊しそうになった。
(10年ぶりに会ったヒトに泣かされたくなかったから堪えたw)
ギターとベース合戦からドラムが入ってきて
野田くんが指揮して、音の楽しさに溢れてた。

キタナイ男の子達が「ロックだーー!!」
「オレはオレだーー!」「オレをわかってクレーー!」と
絶叫してる空間に颯爽とあらわれて
同じ心情だけど、作品に昇華させて多くのヒトの共感を呼んでて
演奏も磨かれて、美しい音を届ける努力をしてて
素晴らしいと思った。澱んでた空気がぱっと晴れた。

才能がないと音楽しちゃダメってわけでもなく
才能がないヒトが叫ぶからこそ
共感できることもあるし
どちらもアリだと思うから
それで、絶叫系のバンドもラッドに学ぶトコあるだろうし
ラッドも大作戦の空間で思うところあるだろうし
それぞれがもっといいバンドになれる気がする。
だからラッド呼んだ10-FEETえらいな、って思いました。

10年前に初めて夏フェスに行って
楽しかったRADの成長したライブを見られて
「ハイ、アナタ、フェス、卒業ね!」って
RADに引導渡された気がする。

京都大作戦2017初日 [フェス]

kyouto_d.jpg

五年ぶり四回目の京都大作戦。
10周年と言うし、マンウィズでるかも!
ホソミンやACIDMAN、9mmも出るんじゃない?って
三日券を早々に取りました。
…マンウィズしか当たってないww
でもオオカミさんが一番の目当てだから
それでもいいよ♪

初日は平日だし、行かないつもりだったのだけど
また会社辞めたい病がぶり返して猛威をふるってきてて
それにマイヘア、ヤバT、夜の本気ダンス、打首とか
見た事ないけどキョーミあるバンドもタイテに並んだので
有休とって行ってきました。

前日夜からものすごく落ち込んでで
がっかりした気持ちを引きずって出かけてきての
一発目がMy Hair in Bad。
なんか、思ってたのと違ってた。
もっとくせっ毛の脂っこい男子かと思ったら
バンドマンにしては可愛い子で(25歳と言ってた)、
絶叫系だったw
「前の彼女の母ちゃんがテンフィのファンで
 去年に大作戦に出てから急に覚えがよくなった」的な
ハナシから、元カノの曲とか。
赤裸々スタイルで面白かった。
「オレはぁ〜ロックバンドやってる!!!」みたいな
絶叫はもう少し少なめでもいいかな、と思ったけど。
袖でTAKUMAがニコニコ見てて、まぁ中年が見ると
ニコニコしちゃうよね、可愛いよね。

そしてヤバTめざして移動。
う〜んすごい人。入場規制にひっかかって
テンフィのカバーは外で聴いて
最後の二曲だけ入れたけど、
もう面白いくらいの盛り上がりで、
ステージ前が水揚げされたサカナが
ピチピチはねて大漁、みたいな感じ。

そのまま夜の本気ダンス。
MCはヘタクソだけど若い感じがよくて
(第一回の大作戦のチケットを持ってて
 開催中止になった時はおじいちゃんのベッドで泣いたとか)
曲も踊れるいい感じだったです。
私はヒザがアレで跳んだりはしないけどw
宇治のバンドなんだって。
この日見た中ではCD買ってもいいかな〜って感想。

ここでお買い物&ご飯タイム。
→サンボマスターは苦手。だけど
帰れま10ってずっと聞こえてくる。。
どういう意味なのかな?番組名?

そしてこの日、テンフィ以外で唯一ライブを見たことがある
ウブちゃんを見る為にNothing's Carved In Stoneへ。
エルレをフェスで見たのは10年前くらい?
吉井さんのサポートで弾いてたより
ナッシングスで見る方がカッコよかった。
そんで、ベース、カッコいいけど見た目がイヤだ…と思ったら
有名なヒトなの?オオカミさん、ぜったいヘッドとらないでね、って思った。
ボーカルくんは銀シャリの鰻に似てるとSNSで見かけたの、
ホントに似てる〜ずっとカッコよかったけど。

そんで、ここで打首に行くつもりだったんだけど
源氏と牛若とのキョリに断念。
ひとりだし、なるべく軽装で行きたいと思って
ほぼ、サイフとチケットとタオルくらいしか持ってなくて
レジャーシートないと立ちっぱなしで足が相当ヤバかった。

SiMはiTunesで2曲ほどDLして予習してたの。
ボーカルくんが可愛いメイクしているから
もっとビジュアル系のキラキラな音かと思ったら
意外にレゲエでビックリした(DLした音源はタマタマかと)
そしてもっとツンツンしているのかと思ったら
RIJFのDJみたいに、手をこうやって動かせ、とか踊れとか回れとか
結構指示出し系で、そしてそして、お説教系だった。
もうTakaとTAKUMA∞でその席は埋まっていますので。。

そして…豪雨!?ライブ終わりとともに急激に降り出して
一瞬でずぶ濡れ。。一回水没した?くらいの全身濡れ具合で
カミナリも一瞬光ったので、イナズマの記憶もあり即撤収した。
でも10-FEETがはじまる頃には雨が上がってたようだし
もうちょっと我慢すればよかったのかも。。
雨宿りする場所が全然なくて、かつ、雨具なんも持ってねぇ状況だったので。

帰ってから、SNSとか見てたら、
「京都大作戦が大好き〜!」ってヒトたちと
私の見たライブは随分違うんだな〜って思った。
四星球って大作戦の時しか名前目にしないけど。。とか
みんなサンボマスターで泣いてたんだ。。とか色々。

そして、フジロックに行った時も独特の雰囲気だな〜って感心したけど
久しぶりの大作戦も独特の雰囲気だった。
去年行ったサマソニとかイナズマとかは、ワリといろんなヒトが集まってて
そんなに同質化されてる感じはなくて、
フジロックや大作戦は、それぞれの世界観を共有しているヒトが
多く集まっている空間だな、と感じた。
だからその世界観に親和性を強く感じているヒトには
天国で、そうでもないヒトにはそうでもないのかな。

あと、若い人達が話しているのを聞いていると
「ガチで」とか「ガチ」というタームを頻発させてた。
世の中の多くのものがフェイクだったり建前だったりと感じているのかな?
だから「これガチやで」と言ってしまうのかな?って思った。
まぁ、若い時は何でも「〜の陰謀」自分のシラナイ所で
金持ちや有力者がズルいことをしている、と思いがちだね。
→これもガチ?

TOUR 2017 「LIFE IS A MIRACLE」天国の澤ギター [黒猫チェルシー]

新譜「LIFE IS A MIRACLE」リリースツアーもワンマン編に入った黒猫ちゃん!
シャングリラは大阪で初めてワンマンしたハコじゃない?
わくわく出かけてきましたよ^^

スクリーンショット 2017-05-27 23.34.10.png

入場待ちの時に隣のコに話しかけたら
初めての黒猫ライブで、他は洋楽がお好きだそうだけど
9mmとイエローモンキーも好きなんだって!!!
若くて可愛くて賢そうなコだった♡
澤くん、よかったね!ファンが増えているよ〜

ちょい押しで始まり。
M-1519を聴きながら、ドラムの前に集まり
タイミングを測る三人!ドキドキする〜
澤前3、4列目くらいにいたのだけど、最初の三曲で
もう、悶絶死しそうだった〜
何がいいって、もう澤ギターが炸裂してたよね♪
ワタシがいろんなことにガッカリしてダウナー気分の時に
颯爽と現れて、ギターぴろぴろ弾いて笑顔にしてくれる
王子様のような澤くん!!

新譜の曲はみんなやったよね。
タイトル曲の「LIFE IS A MIRACLE」、とってもカッコいいよね♡
「抱きしめさせて」もやりました。
Twitterの投票は「北京ベイベー」だった。
アタシは「廃人のロックンロール」に入れたよ。
思考時間0.1秒くらいで決めた。
冒頭だけちょっとやってくれてめちゃくちゃ格好よかったよね^^

「飲みに行こう」は、今回も振り指導付き。
楽しいよね。っていうか、今回のライブは、めずらしく
客席が声も出て手も挙がって、盛り上がってたよね!!
いつも客席が大人しくて、それが寂しいのだけど
今夜は(それでも及第点ギリギリな感じだけど)盛り上がってた!
私も汗をかいて本望です♡

1曲だけ、知らない曲があって、
内心「ナンデ!?アタシが知ラナイ曲!?他のみんなは知ってる!?」
ってびっくりしたのだけど、帰りにスマホでチェックしてたら
「青のララバイ」のカップリングの「情熱のDancin'」だった〜
ベリーゲリーもやったんだよ。久しぶり〜
ベリーゲリーからのHey!ライダーくるかと思ったけど来なかったね。
本編最後は「海沿いの街」。とてもいい曲。

スクリーンショット 2017-05-27 23.34.25.png

アンコールは、まず、9月に
またシャングリラに来てくれるという発表がありました!
ウレシイ!!黒猫のチケット、なくなっちゃったな〜って
寂しい気持ちになってたから
とってもウレシイ(速攻でゲトしました)
けーちゃんからは物販紹介。お喋りの間が上手よね〜
黒猫をふんだんに使ったタオル、買ったのに持って来るの忘れた〜
がっちゃんからは巨匠シリーズの漆のブローチの告知。
でも2分で完売しちゃったんだって。
がっちゃんも独特の雰囲気でカッコよかったね!
澤ギターに見とれて萌え萌えしてても、ふと周りに目をやれば
大知くん、けーちゃん、がっちゃんと、タイプの違うイケメンが
いてくれるので、そりゃ楽しいよね〜。

「また会おう」「ピーチパンク」「東京」で
おしまい。5ショット撮影会もやってました。みんな萌え萌えだったかな?
わたしは久しぶりにjuscoと一緒だったので、梅田でカンパイ〜!
ライブ楽しかったからビールもとても美味しかった♡

次の黒猫ライブは
〜「黒」対「6」のロックンロール編〜
対バンはまだナイショなんだって。
「6」ってどこかな?Hawiian6かな?
他に6のつくバンドってあるかな?
お滝様が休み中で「9mm」でなく「6mm」とか?(嘘)
また澤くんに会えるのを楽しみにしておきます^^

TOUR 2017 「LIVE IS A MIRACLE」神戸 太陽と虎で美しい澤ギター [黒猫チェルシー]

たいとら、久しぶり〜。チケット忘れて出かけてきて、また取りに戻るとか、ワタワタしながら出かけてきました〜。

スクリーンショット 2017-04-09 21.51.54.png

愛はズボーンは大阪のバンドなんだって。最初、ロボットの被り物で出てきて、マンウィズがこんなの流行らせちゃったのかな〜って思った。中身に自信があるみたいで、一曲目で全部脱いじゃったけど。いろいろ楽しませようと工夫してるバンドだった。ギター二人がフロントマン的な感じ。でもギターの音色の印象は薄くて、ドラムの印象のが強かったかな。持ち時間50分と言ってたから、けっこうしっかりやられました。

んで、転換にご本人たちも登場。みんなキャーとか言わないのね。すかしてないで、澤く〜ん!とか叫べばいいのに。んで仕切り直して登場。タイミング合わせるのに三人が客席に背を向けてドラムを見つめてる姿が美しくて感動したわ♡

ほぼ新譜の曲。でも全部はできなかったのかな。Twitterでの投票企画は「オンボロな紙のはさみ」だった。とっても盛り上がったし、とてもよかった。Dark Night, Spot Light、恋するハイウェイ、涙のふたり、LIFE IS A MIRACLEとか。「飲みに行こう」では大知くんからの振り付け指導があって面白かった。けど、この曲、山崎まさよしの曲に似てないかな〜タイトル思い出せない。。本編は「海沿いの街」で終了。

アンコールは元気のある酔っぱらい(?)の人が「『アンコール!』って言おうよ〜」とか言って若干盛りあげかけたけど、いつもの感じで。けーちゃんが物販宣伝担当で、タオルは千鳥格子をイメージしたのですって。わかる〜。マステは大知くんも澤くんも使ったことないって。そんな澤くんが好きよ。女子アイテムだもんね。がっちゃんはきっと制作に使うよね。画材屋さんで売ってる方ので。「低粘着」って言ってた。「また会おう」と「ピーチパンク」で終わりだったかな。

新譜ができて自信がついたって、大知くんが言ってた。こんなカッコいいアルバム作ることができたって。もっともっとカッコよくなって大きくなって、面白いことをしたいので、みんなも自信をもってついてきてくれ!って♡了解っす。

物販を少しシバイて、速攻で帰ってきた。ライブの後に5ショット撮影会が行われたようなので、もうひと盛り上がりしたかな?
澤ギター楽しかったし、元気出た。澤くん、いつもありがとう。感謝しています。

DEiT TOUR 2017 マリンメッセ福岡(8ガウ) [MAN WITH A MISSION]

もうさ〜オオカミさんたち人気ありすぎて、ZEPP OSAKA BAYSIDEのチケットが全然当たらないんだもん。土曜日だし、マリンメッセ福岡まで行ってきた〜。

DEiT_fukuoka4.jpg
吉井さんのソロかイエモンでしか来たことなかったマリンメッセ。いつも誰かと一緒だったから、今回は一人で博多から行って帰れるか不安だったわ〜。臨時バスでサクッといけたけど。節約してタクシーに乗らなかった私を誉める。

んで、新幹線に乗って遠征なのに、ワンマンじゃなくタイバンなの。BIGMAMAですって。前に802イベントで9mm見に行った時に出てたけど、見ずに帰ってきたバンドだ。第九で始まった。第九をアレンジした曲なのかな?三曲目は白鳥の湖がアレンジされてて(ドラムつきの白鳥の湖はナカナカよかった)、9mmの「どうにもとまらない」を思い出した。ギターとドラムの人がカッコよかった。バイオリンの女の子はビミョウかな(女子にはキビシイからw)。ボーカルくんは、性格的にアタシと合わないと思った。いつも書くけど、初対面からいろいろ頼み事(声出せとか手を挙げろとかタオル回せとか跳べとか)されるのって、ちょっと引いちゃうよね。んで、アタシだけでなくそーゆーヒトが多いから残念な感じになってしまうのね。んで「ぜんぜん聴こえねーぞー」とか言わずに「アリガト」「いいバンドにはいいファンがついてる」とか客におもねるようなこと言うのね。アタシは反対意見。マンウィズのファンにもいい人もいれば悪い人もいる。BIGMAMAのファンもそうなんじゃない?人を何かのグループ分けにして、それにトンチンカンなレッテル貼るのは差別やイジメや戦争に繋がっていくんじゃない?

DEiT_fukuoka1.jpg
YES!!

んで、マンウィズさんです。事前にセットリストをチェックしてたのの、ほぼその通り。今まで一番数多く行ってたライブが9mmで、9mmのセットリストはとてもよく変わるので、固定したセットリストで二曲くらいが日替わり、というのに慣れなくて、へえ〜ふぅ〜んって感じ。
で、事前にセトリ見て持ってないアルバム「Tales of Purefly」と「Take What U Want」をダウンロードで買って予習したのだけど、1曲シラナイ曲あった。「Tales of Purefly」の予習からハズしてた曲だったw
マンウィズさんは完全顔ファンなので、ハズカシイ感じにさえならなければ、ライブに行って騒げたらそれで楽しいし、充分。SNSではそんな感じで、とくに苦言を呈する必要もないかな〜と思ってるのだけど、なんとなく予定調和というか可もなく不可もないライブだったかな、とブログには書いちゃうw

DEiT_fukuoka2.jpg
タイアップ、ついてます♪

ワンオクの横浜スタジアムに行った時に、期待通りだけど期待を上回るライブでなくて(いつも期待を上回ってたから)肩すかしな気分になったのだけど、ソレと似てる。想像した通りのマンウィズさんで、それ以上でなくて、オドロキがなかったな〜。ワンオクはその次の年のホールツアーで城ホで期待を上回るライブをやってくれたのでアレだけど、マンウィズさんはどうかな?
この間のアレキのZEPPも、期待をずっと上回るライブでトリプルアンコールまであって、誰にも文句を言わせない内容、ライブで、完膚なきまでに叩きのめされた(?)感じ?終わった後1mmも体力残ってなくて出し切って、爽快だったもんね。
マンウィズさんは、年もくってるオジサンバンドだし、必死に何かっていうより老獪さを持ちながら戦略を立てて飽きさせずにやっていく、って感じなのかな。顔ファンなんで、目の前に来てくれた〜とか、タナパイステップ格好いい♡とかで充分楽しいんだけど、オモシロ動画も楽しいんだけど、音楽的にも違う景色を見せてくれたらうれしいな、って思う。まぁアプローチはバンドそれぞれだし、シングル発売ツアーだし、こんなものかと言えばこんなものかもしれない。

ワタクシ的には、目の前にタナパイ来てくれて、「Fly Again」と「Get Off My Way」の振り指導をしてくれたのがたまらなく萌え♡でした。それに楽曲もほぼアタマに入ったので、ちゃんと歌や演奏を楽しめた(Mush UpDJの冒頭の効果音、違うとこで鳴ってなかった?)。お約束的なこと(ここで手拍子、とか、ガウ!とかw)もできるようになってきて。
「Fly Again」のときに特効で銀テープが舞ったんだけど、若いコはアレがすごく好きなのね。必死に取ろうとしてあさましい感じがする。んで、みんながアレが欲しくてしかたがないと思っているから、たくさん取れたコがまわりに分配してくれるのね(優しいっちゃ優しい)。んで、私にもいただけるので、持って帰ってきた。そんなにありがたいものなら…と一応しまってある。
(ついでに)もう一つ不思議なことに、若いコはなんであんなにラバーバンドがほしいの?輪ゴムの大親分みたいなもの?1個500円だっていうから、バカジャネエノ!?って思った。元価いくらなんやろ。でも早朝から並んで、買えた!とか、売り切れた!とかやってるのね。いい大人の人が「みんな買えるように」とか公式にリプしてたりして。学生の時にクリスマス時期のおもちゃ売り場でバイトしてて、人気商品が品切れで買えないって、売り場でオバアちゃんがブチ切れしてたことがあった。いくら怒ったってメーカー在庫切れなんだし、生命に関わるものでもないんだし、「我慢しようね」って子どもを諭さないといけない立場なんじゃないの?と思うけど、孫に「バアちゃんがサンタさんに頼んだげる!まかしとき!」くらい言ったんかな。これもあさましい感じがしたな。

DEiT_fukuoka3.jpg
FWAMブース。サイン入り戦闘服。マンウィズのコンセプトワークは誰がしたんかな?頭はオオカミで、衣裳はシンプルですべてタイアップ。それでクローズアップされる部分が他のアーティストと違うから、違った感慨・感情を人に呼び起こさせるのよね〜。まんまとハマったわ〜。

アンコール前に緊急告知として「狼大全集V」発売と東名阪の追加公演とヨーロッパツアーの発表がありました。ヨーロッパは関係ないな〜。東京は新木場スタジオコースト。久しく行ってないので、行ってみたいけど。。ちょっと難しそう。
アンコールのコールは「ヤキニク」。二曲やっておしまい。楽しかった。ミーハーに徹してタナカ愛を飛ばしてきた♡

LIFE IS A MIRACLE アルバム購入者特典ライブ(大阪) [黒猫チェルシー]

IMG_9286.jpg
初回限定版ゲット。

2月22日猫の日に発売された「LIFE IS A MIRACLE」、タワレコ購入者に配布されたライブチケット握りしめて、心斎橋の果ての大阪スクールオブミュージック専門学校の中のライブスペース(スタッフは学生さんと先生)に行ってきました。1時までに入場で、2時スタートだから、待ち時間が長くて、一緒になったお嬢さんと楽しくバンドやライブの話をして待っていました。誰かと話してると気が紛れる。

特典イベントだから、4〜5曲くらいで終わりかな?と思いきや、あにはからんや、小一時間あって、かなりの満足度でした。参加者が70〜80人くらい?専門学校からのヒトも入れたら100人くらいの小規模ライブだったので、最初ちょっとフロアも固かったよね。澤くんがギターとちったくらいで、ちょっとほぐれたかな?っていうかほぐれるキッカケに大知くんが誘導してた(澤くんワザとか?)

IMG_9285.jpg
がっちゃん作(制作時間4時間)・黒猫史を振り返るすごろくと、ジャケットデザインのステッカーもらいました♡

▼LIFE IS A MIRACLE 特設サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/kuronekochelsea/lifeisamiracle/

この特設サイトで紹介されているEpsode1「海沿いの街」から始まって、順に4曲やりました。もう結成10年ということで、とてもバンドの足腰がしっかりしている印象。このあいだのアレキのライブでも思ったけど、ぽっと出の人気者じゃない分、場数も踏んで完成度が高い。黒猫チェルシーのライブの音は美しいと感じるね。
けーちゃんがカホン持って、前にでてきて、アコースティック。「のらりのらねこ」と「涙のふたり」(シャンソンバージョン by 澤)。

あと、何やったっけ?ナルト〜ナルト〜で「青のララバイ」最後は「抱きしめさせて」…かな?

とってもよかった。澤くんがフロアに降りてきたのもよかった^^ ロックスター然としてるところが好き。ちょっと余計なこと言っちゃうところも好きだし、たしなめるけーちゃんも好き^^
想像してた以上に楽しくて、新しいアルバム曲もライブでとってもよかった!この特典ライブで、音源もさらに楽しく聴けるようになったし、はやく次のライブに行きたい!ってなりました。

アルバム買って、特典ライブに来たアタシたちに、とっても感謝してくれた。そして特典ライブやりたい、て言って、それに対応してくれたスタッフや会場にも感謝!って言ってた。私はライブやってくれた黒猫チェルシーに感謝する。いつものライブとまた少し違う感慨があった。

TSUTAYAでもう一枚買って、トークショーに行こうかな?とも思ったんだけど、節約中だし、欲張りはよろしくない、と思って、ライブの楽しさを反芻しながら帰ってきました。ツアーまでにもっとアルバム聴かなくっちゃ♡

LIVE EGG BUDOUKAN 祝・渋谷EGGMAN35周年(7ガウ) [フェス]

IMG_9244.jpg

渋谷のライブハウス、eggmanの35周年を記念して武道館でライブイベントをやる、もちろんマンウィズも出る!ということで、この時期東京出張もあるので、それにからめて行けばいいや、と軽い気持ちでチケットを取りました。…が、諸般の事情で出張が後ろ倒しになり、春ツアーのチケットも全然取れないので、それでは、本気で行きましょうか?と、休みを取って、これだけのために出かけてきました。

いろいろ素直に語りたいので続きはこちら


Zepp Osaka Baysideこけら落とし公演を堪能(5ドロス) [[Alexandros]]

アレキの「EXIST」ツアー、大阪二日目。Zeppのこけら落とし公演だって。
CD封入特典の申し込みで当たって、サマソニぶりのアレキ!
とってもよかった!ものすごくよかった!マンウィズさんで忙しくて、「EXIST」あんまりちゃんと聴いてなかったから、前日から歌詞カードみながらしっかり聴いて、あっ!こんな内容なんだ!って新鮮な発見をしながら予習して、ライブに行く前からすでに感動してたw
ヨーヘイは女性ファンに消費されることを疎ましく思ってるのなら、吉井さんに相談したらいいと思う。煩わしいし、面倒だけど、金払いはいいし、案外浮気せずにしつこくついてくるヒトも多いから。人気が翳ってきてからの助けになるよ♪
ライブのネタバレ厳禁、とのことなので…

続きはこちら(軽めのネタバレあり)


2017年初ライブは、黒猫チェルシー「ネコのコネvol.3」 [黒猫チェルシー]

1月も27日。やっと2017年の初ライブ。黒猫チェルシーです♪
でも先攻がプププランドだったから、
アタシの2017年初ライブはプププランドだったw
見るのは2回目かな。今回の方が楽しめた。
イジワルな気持ちで挑んでなかったからかも。
ギターのあっくんも面白かったし、なにより、ベースのイガグリくん。
なんかね〜オオカミになる前のジャンケンとサンちゃんを足して二で割って
胡粉か大豆ペースト混ぜたみたいな感じで、しかもベース。
他の三人は楽しそうにしてるのに、
イガグリくんは時々つまらなそうにしていて雰囲気が違う。
若い時はこんな感じだったのかな〜。
お客さんをたのしませようとMCの内容も色々考えて、
曲順とかも一生懸命考えて、
CDを手売りしてたのかな〜
でも売れないよね〜とか思いながら見てて、
とっても萌えて楽しかった。

んで、黒猫さん。
本人たちが楽器の調整してるのが、幕の隙間から見えてワクワク^^
澤くん、カッコよかったよね〜。澤ギターはアタシを裏切らない。
新しめの曲ばかりだったかな。順番バラバラで
アナグラ、ピーチパンク、雲の列車、抱きしめさせて、
青のララバイ、ベリーゲリー、ライフイズミラクル
海沿いの街、東京とか。新譜からもう一曲かな。
青のララバイのギターがとてもかっこよかったな。
ベリーゲリーギャングも大人っぽいベリーゲリーだった。
海沿いの街もとてもよかった。
アルバム聴くの楽しみ♪
2月25日にアルバム購入者特典のライブがあるって。
行ける場所ならいいな〜。

澤くんは少し髪を切って、ステキなスタイルになっていました♡
がっちゃんは、増々ジョンレノン風で、ハッタリききそう。
女の子を裸にする競争があったら、がっちゃんが1番な気がする。
2番がけーちゃんで、次が大知くんで、澤くんはビリか棄権かな。
なかなか脱いでくれない女の子に
「も〜ええわ!」「こんなんヤメじゃ。しょーもな!」とか言いそう。
今日は澤くんのMCが少なめだったのが寂しかった。
大知くんのおハナシは、この3月で結成10年を迎える黒猫、
いいことばかりじゃなくて、大変なこともあった、
解散の危機もあった、とか。
「東京」は、一番辛い時に作った曲だと言っていたな。
次のライブも楽しみにしているね♪
前の10件 | -
メッセージを送る