So-net無料ブログ作成

ソフトの洪水--ラジオ編1--「吉井和哉のオールナイトニッポン」 [吉井和哉]


吉井さん、新曲「WINNER」ユニフォーム姿披露記念といたしまして、かなりな分量ある「吉井和哉のオールナイトニッポン」テープの(テープの貸主O嬢からは「tabuさんにはテープ書きおこしの作業が待っている」と笑いながらもドSなコメントをいただきましたが、そんなことしてると過労で死んでしまいそうなので)中身を簡単に紹介しようかと。




12年くらい前のオンエアで、しかも視聴者は中高大学生から深夜勤務の働くおじさん等をターゲットにしておられるようなので、シニカル&ミーハーおばさんにはつまんないトコも多いのでその辺はつまみながら聴いて行きます。基本的に「」内が吉井さんコメント、または曲のタイトル。

※CMとCMの間を1つのトラックにしてタイトルつけているので(あと、音トビしているトコで)、下記のようなナンバリングになっておりやす。




1995/10/

テープの状態がよくないので後半ちょっとキレギレになってます。

T1:オープニング/記念すべき第一回放送です。ニッポン放送での初めての一人喋り。ちょっと緊張されてますか?リスナーのハガキへのプレゼントはオートオープナー(何?)。

T2:CM開け初ジングルは「ロック界のマイケル・ジャクソン、吉井和哉のオールナイトニッポン、今日は生放送」。「今、イエローモンキーはキャンペーン中。ヒーセとアニーは仙台。エマは自宅で聴いてると思う。」吉井さんは博多からニッポン放送入り。「やさしい大地のような放送にしたいと思います」

♪THE YELLOW MONKEY「太陽が燃えている」

T3:つんくからのお祝いコメント--「心がこもってない!」との吉井さんからのツッコミあり。つんくは吉井さんのコトを「ロビンさん」と呼んでました。「シャ乱Qは好きなんだ、つんくが嫌いなだけ」

♪シャ乱Q「My Babe 君が眠るまで」

T4:カミングアウト ゴングショー/第一回目は吉井さんのカミングアウト。「17歳の時勤めていた工場でボヤが起きたんだけど、昼間にオレが煙草吸ってたトコだった!」「騎乗位でセックスしてたら彼女が入ってきたとか、あっこれ友達のハナシですよ。」

T5:プロデューサー大賞/リスナー企画募集。大塚食品のタイアップ。

♪B's

T6:ゴールデン・ターキー・アワード/いろんなジャンルの最低なモノを表彰。第一回はやっぱり吉井さんより。「オレが観たもっとも最低な映画は、アンディー・ウォーホル監修の『悪魔のはらわた』ホンッとくだらない!」「観てないんだけど『悪魔のかつら屋』、これが非常にみたいんだけど!」

♪マライア・キャリー

T7:和哉よ!初心に帰れテレフォン/吉井さんの昔からのファンのヒトたちから吉井さんへの苦情?ちょっと聴いてらんない感じですけど、吉井さんの応対がかなり面白いです。「スミマセン」「スミマセン」「もう、ゼッタイ〜しません〜」

♪JUDY AND MARY「ドキドキ」

T8:ロッカー失格/「ヘラブナ釣りしちゃイカン!ロッカーはルアーやんなきゃ」

T9:ロッカー失格(続き)

T10:ロッカー失格(続き)/「『ディズニーランドの年間パスポート』?三国さん持っているよ!」

T11:CM開けジングル「フランス核実験反対。吉井和哉のオールナイトニッポン」

VIVA!マイケル/マイケル・ジャクソンのパロディコーナー。どこが面白いのか理解不能。吉井さんってマイケル好きなの?

♪マイケル・ジャクソン「今夜はビートイット」

T12:和哉よ!初心に帰れテレフォン(続き)/やっぱりシロウトのしゃべりが聴いてらんないっすけど、吉井さんの適当な返しがもう笑っちゃいます。女の子に怒られ馴れてるのかしら〜

T13:吉井和哉の心の釣り講座/「人に聞いたけど、釣りをやるアーティストは売れたりするって。ブームのMIYAくんとか、奥田民生くん、JUN SKY WALKERSの和弥くん。」「ロックと釣りは似てる」「スピッツのメンバーもはじめたって。山中湖で合宿してるからバス釣ったって」「今日は大濠公園で釣りしたんだけどノーフィッシュ」

--♪釣りやるミュージシャンは僕は信用してますね。いい音楽やってますね。もうこの人はサウンドも格好いいし、男気あるし、僕は大好きな日本のロックアーティスト。このギターリフが「よこはまたそがれ」というウワサもありますけど♪奥田民生「悩んで学んで」

T14:一般のヒトが楽しめるネタでやってきます。

♪THE YELLOW MONKEY「夜明けのスキャット」

T15:エンディング/(今日の出来)40点だね!




1995/11ライブ後の新潟から放送

T1:ジングル「こう見えても実はいい人なんです!気配りロッカー、吉井和哉のオールナイトニッポン」

天井桟敷の人々/変わったセックス自慢のコーナー。「オレはね、初体験25(歳)くらいなの。根がスケベじゃないから…」って、ウソばっかですね〜。高校生が信用しちゃうよ!

T2:「今日、ライブで、『昔、太宰治が、トンネルを抜けるとそこは雪国だった』って言ったら大爆笑されて…」って、吉井さんハズカシー!川端康成と間違ったって。吉井さんもかなりヘコんでましたけど、知ったかぶりはいけませんね。

T3:ユーミンへのラブコール。一緒に曲やりたいんですって。実現しませんでしたね。

♪松任谷由実「カトマンドゥ」

T4:カミングアウトゴングショー

T5:吉井和哉文庫/新コーナー。「70年代の匂いが好きなんで、バカがつくくらい暗くて重くて、なのにはしばしに笑えるみたいな」のを募集されてます。「ちょっと前に『人斬り」っていうね…」って言いかけてやめたけど、三島由紀夫が出ていた勝新の映画のことかしら?ワタシも見たわ〜。ホント、吉井さんって同世代!

来週のお題「15、16、17と」 by♪藤圭子「圭子の夢は夜ひらく」

「これで、吉井和哉のインサイドを打つべし!打つべし!とえぐり込んで来るお便りをお待ちしています〜」←他にも「ねじりん棒」とか会話の中に「あしたのジョー」タームがいっぱい出て来ます。パンチドランカーに繋がって行くんですね。

T6:プロデューサー大賞

T7:天井桟敷の人々

T8:天井桟敷の人々(続き)

T9:天井桟敷の人々(続き)

吉井さんのほのぼの話。「ホモっぽい某大物アーティストのラジオにゲストで出た時に、『電話番号教えてって』って言うのね、浅いつきあいとかしたくない方だから、教えなかったんだけど『じゃあ今度遊びに行きましょうよ』って言うから『え、どこ行くの』っていったら…『月光浴』って!(笑)」「月光浴は行きたくないよ〜。月見ながらなんでボクがキミとセックスしなきゃいけない??」

♪EAST END×YURI「ね」

T10:VIVA!マイケル/つまんない。

♪マイケル・ジャクソン「今夜はDon't enough」

T11:お便りコーナー/「Four Seasons」の看板が大根畑の中に出現のお手紙

♪マット・ビアンコ「ロストインユー」

T12:さっきの曲紹介で大々的に「ロストインコー!」と言ってしまったの、「ユー」と「コー」と読み間違えたんですって。「だって、書いてあんだも〜ん、どう見たって『コ』だよ!」「オレ悪くない!」と恥ずかしがりながらキレていてカワイイです。

悩め青春/太っている高校生からの悩み。吉井さんもかなり回りくどい回答ですが、結局は痩せろ、というお答えでした。あと、太っているなら明るくいよう、と。

T13:悩め青春(続き)

♪THE YELLOW MONKEY 「Father」

T14:「96 Four Seasons Tour」の宣伝です。あのDVD「TRUE MIND」のライブでしょうか?ウラヤマシ〜。来週は福島から放送。




1996/1/2

T1:「今年もよろしく。」「夢に出て来て好きになったタレントさん、ボク、美保純さん。静岡なんですよ〜。実はウチのオフクロが使ってたの。その時は『ピンクのカーテン』も終わって、あ、ドラムのアニーがはじめて見たポルノ映画『ピンクのカーテン』」なんてな話からはじまりました。

あとTVの話をひとしきり。「ヤンママ(?)」とかいう番組で、ゲイのお父さんが出て来て、娘さんが改心するというようなエピソードにいたく感動されていました。お笑い界のイエローモンキーがダチョウ倶楽部って言ってる(?)

T2:「さっきの、夢に出て来て好きになったのは田中律子さんでした。二日間だけ」「武道館一日目はストイックなライブで二日目は忘年会的で」「31日の渋公のライブもよかった」森口(博子?)さんからお花が来てたとか。「新聞で否定してたそうですよ。おせーよ!もう、年越しちゃったよ。」

T3:「海賊グッスのカレンダーがすごい欲しいの。そっちの方がカッコいいっていいやがんの。ファンが。」「隠し撮りのテープをさ、ビラ刷って大もうけしてるやつとかいるんですよ。」

今回のライブは「歌はまっすぐに歌って、MCでは凍りつかせようかな、と思って。」「1月12日はとっておきのダジャレを用意してますから。」

T4:「新曲やるし、多分。『ウエディングドレス』っていう曲があんの。マスタリングまだしてないもん。いかず後家の歌。それやろうかな」←「JAM」のことを言いかけて誤摩化したんだよね。

T5:プロデューサー大賞/阪神淡路大震災を受けて、「淡路島での新成人を祝うライブ」に企画決定。

T6:プロデューサー大賞(続き)

♪THE YELLOW MONKEY 「悲しきASIAN BOY」

T7:FAX悩み相談コーナー/「31日の渋公、TVKで生中継だったんだけど、生でハイロウズ撮る時はモザイク用意しなきゃダメ!」

T8:肉筆年賀状プレゼント当選者発表

T9:リスナーに電話/今日「ヤンママ」見てたという、7歳の息子がオカマになりそうです、という悩みの主婦。「君は何を見てたんだ!」「オカマで結構!」その他

T10:吉井和哉文庫テーマ「ありがとう」

来週のお題 「もう恋なんかしたくない」by ♪水原弘「黒い花びら」から

T11:FAX悩み相談コーナー(続き・リスナーに電話)/「デビルマン」の話。武道館への行き方。他

T12:お雑煮の話「ウチの実家のお雑煮は豚肉いれんの。味はしょうゆ味で、あと白菜と春菊。日本で一番おいしい雑煮。お餅はどろどろ。」

♪THE YELLOW MONKEY 「 SUKE OF LIFE」

T13:FAX悩み相談コーナー(続き)友達がいなくて5年連続年賀状が来ないトシくん。

T14:エンディング/武道館ライブの宣伝。「来年はオレも紅白の裏話したいな〜。国民的バンドになりたいからね、国民的番組に出たい」「旧譜も売れてます」




1996/1/9

T1:オープニング/来週に迫った淡路島ライブに向けて。お手紙紹介。吉井さん漢字読めません。

T2:♪THE YELLOW MONKEY「Tactics」

T3:淡路島の人へ励ましのFAX募集

プロデューサー大賞/北淡町の小学校の体育館でのライブ、淡路島の新成人と電話

T4:「声が嗄れていて。リハはじまったので。」「隣のスタジオでジュディマリの恩田くん(前からの知り合い)が遊びにきて。」

「ウチのローディーが首に入れ墨入れてて、オレも20代今年で最後なんで、入れたいんだよね。見えないところに入れたい。お尻かおへその下に。圧倒的に多いのが爬虫類で、花ならバラなんだよね。それはもう古いでしょ。タトゥーも先読みしないと。」「ドカベン?トンマ?決めたっ!ダメおやじ」

T5:吉井和哉文庫/「もう恋なんてしない」

来週のテーマ「友達ならそこのところうまく伝えて」 by ペトロ&カプリシャス「ジョニーへの伝言」

T6:FAX紹介

T7:カミングアウトゴングショー/「出てる漢字全部にふりがなふんなくてもいいよ!」

T8:カミングアウトゴングショー(続き)

T9:天井桟敷の人々/「3時間半しか寝てないの」←長女の夜泣き?

T10:「お菓子食べてました。ルマンド。70年代のお菓子だよね。ロゴがスゴイよね『狼たちの挽歌』?やさぐれ系だね。エリエール?」

♪鈴木蘭々「何で何で何で」

T11:悩め青春コーナー/写真科に進みたいのに女性カメラマンは美人でないと売れないという親に悩む。「美人なカメラマンは殆どいません!眼光はスルドイ!」

T12:FAX紹介

T13:「宣伝です。武道館、全方位開放スペシャルバージョン。ぜひ来てください」←行きて〜!




はぁ〜疲れた。やっぱ、ライブの方がいいな〜。会う人会う人に「tabuさん、忙しいでしょう〜」なんて言われているもうすく四十になる女が休日にやることではないですな。こーゆーのは自由な時間が無限にある、高校生や大学生が渾身の愛をこめて、ねっとりぐっちょりやらないと面白くなんないです。今日はもうこれでおしまいっ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る