So-net無料ブログ作成

HIATUSとRADの新譜を聴いた。 [その他のCD、DVD]

どっちもRIJFに登場!ということで、(RADは特にサマソニ以来に見るライブだし)これは予習をしっかりいたしましょう〜と同日に発売された両バンドの新譜を聴きました。

the HIATUS ANOMALY

HIATUSの方はね〜、なんかドラマティック、っていうか演劇的かなぁ〜って思った。アタシは英語わかんないんで、何の事について歌ってるかさっぱり、で、1曲目は、劇団四季の「ミス・サイゴン」みたいだな〜って。まぁ、ミス・サイゴンも知らないんですが、嵐の中、瓦礫の中、やせっぽちの本田美奈子が大声だして歌ってるイメージ。んで、二曲目と三曲目は、さらに設定を現代にうつした「ウエストサイド物語」の主人公二人が出会う前、ストリートで二つのグループが抗争してるときに使われる曲。四曲目はバイオレンスアクション系の映画。都会で疎外されている青年が、トレーニングを積んで、戦いながら人間的にも成長していくビルドゥングスロマン、的な。五曲目は世界が滅亡するお話。ディープ・インパクトとかあったじゃないですか。あんな感じ。万策尽きて地球滅亡が迫って、それぞれが最後の時間をどう生きるか。エンディングにこの曲が流れるの。泣けそうやね〜。
…もう、いい加減にしときますね(でも当たらずといえど遠からず、じゃない?)。
最初聴いたら、ちょっと大げさすぎるかなぁ〜と思ったけど、回数聴いてると、結構好きになってきた。こんなアルバム作ったんなら、HIATUSもホールでツアーやればいいのに。


RADWIMPS 携帯電話/マニフェスト

RADはね〜、フォークソングですよねーこれは。RADの中で、アタシがあんま好きじゃない要素の、「さだまさし的なるもの」の濃度が高い。携帯電話、「〜な僕です。」って風見しんごかよ〜。「ハイパーベンチレイション」が四曲の中で一番好きかな。
マニフェストは、これって完全に独裁国家じゃん、総理大臣じゃなくて総書記じゃないの、言ってる内容!野田くんが総理になったら、彼女や友達や家族ばかり重用する恐ろしいコネ社会になるんだね。「おしゃかしゃま」を聴いた時に、野田くんが作った世界に生まれなくてよかった〜と思ったものだけど、野田総理の日本も相当コワそうだね。「やどかり」はスタジオジプリのアニメの主題曲みたい。「トトロ2」に使ってもらうといいよ。
あんまりエモすぎるのもイヤなんだけど、軽すぎるのもヤなんですよね〜。RADは好きでキライで、キライで好きで、って感じでしょうかねぇ〜。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る