So-net無料ブログ作成

お初!Zepp Nambaは ONE OK ROCK 2012 "THE BEGINNING" TOUR!! [ONE OK ROCK]

Zeppが移転して、初めてのライブはワンオク〜。一緒だったSさんは、客層が若い!って言ってたけど、アタシは朝から10代の気分だったので、案外オトナもいるのね、って感じだったのよ。あのね、膝が悪い十代も、目や歯が悪い十代もいると思うの。ちょっと動いたらすぐハァハァなる十代も。だから今日はそんな十代〜♪それでもあの薄暗い夕暮れ時に、チケットの整理番号読めない十代って…ww

なんかね、「早く出て来て〜」の拍手も、客電落ちてからの盛り上がり&拍手もキラキラした期待と喜びに溢れてて、「あ〜タクローが恵比寿で欲しかったのは、こーゆー拍手だったのね。でもこの拍手は自然発生的に起こるものだから、せがまれてもできっこないよ」って思ったの。一番後ろのブロックにいたけど、タクローくんが昔に言ってたように「好きに楽しんで」、すっごく楽しかったです♪

セットリストはどこかに上がってるのかな?綺麗なレーザーの照明の中、メンバーのシルエット。一曲目はアレですwwんで二曲目は知らない曲www「Re:make」でひとしきり暴れました。そんで、「今日は汗かこう!」って思ったのです。一曲、一曲がしっかり盛り上がれて楽しめた気がする。こないだ見たより演奏がよくなったのかなぁ。3〜4曲シラナイ曲あったかなぁ。コールアンドレスポンスの後はアンサイズニア。コールアンドレスポンスやる人(吉井さんや和田くんも)は寂しがりやなのかな、やんない人(タクローや大知くん)は、自分の空想世界を持ってるのかな?って思う。

iPhoneで聴いてる分には特に好きではない「Lire」もすごくヨカッタな。ドラマチックに聴こえた。「The Beginning」もレーザーの照明の中で、とてもカッコよくて、CDでは少しおとなしいかな?と思っていたのが、ライブでは超カッコよかったです。「扉を開けられない人も、何かみつけて、扉を開いて、一つの事に挑戦して欲しい」的なMCをしてた。もういくつもトビラを開いてるアタシとしては、まぁ余計なお世話なんだけど、正真正銘の迷える十代がメインのお客さんだから、まっとうで優しいお兄さんのMCでした。

途中でみんなでお話する場面があって、仲良さそうで微笑ましかった。でも前世の因縁か、なんかベースのヒトになんの感慨もわかないのよね(いや、黒猫のがっちゃんは、ほら、風貌がイエモン風味だからさ〜)。ドラムは好きなのに。ギターはイケメンくん。ドラムもよかったな。takaは、客席に向かって歌ったり、お客さんの手にさわったり(演歌歌手かよww)、MCでも客席からの反応いじったり(大阪のコたちはアレでごめんね〜)してたけど、へんな雰囲気にならずにお上手だったわ。「takaちっちゃい!?そんなん、わかっとるわー!!」とか言ってたのも可愛かったし。前列ばかりいじってるわけでなく、後ろも二階も、近眼で老眼のアタシのあげる拳も届いている気がしたわ〜。

お誕生日にもらったっていう白いギターで(ギター大きく見えたよw)、静かな曲もやりました。
順番がまったく憶えてないけど「NO SCARED」もむちゃくちゃ楽しかった。「Shake it down」も盛り上がりました。「Let's take it someday」とか。跳ねすぎで足腰ヤバい!
本編ラストは「完全感覚Dreamer」で、もうオカシなオバサン風味を周りの方に味わってもらおうと頑張ってさらに飛び跳ねて来ましたwwもう楽しさで我を忘れて、すっかり膝にダメージが…。

アンコールの一曲目はわかんなかった。二曲目は「Nobody's Home」で、あんまりエモい雰囲気は嫌いだけど、しっかりオーディエンスを楽しませて、演奏もMCもよいバランスだったし、しめくくりには、盛り上がるけどバカみたいに盛り上がるだけの曲じゃなくてよかった。楽しかった〜。うれしくなって、拍手いっぱいして、捌けて行く四人に手を振ったのでした。

汗だくだくで、外に出たら秋風がとっても気持ちよくて、「なんかシアワセ〜明日もガンバロ〜」って思いました。今度は端っこでいいので、前に行きたいな♡
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る