So-net無料ブログ作成
検索選択

TOUR 2013 GOOD BY YOSHII KAZUYAで連敗を喫す(T^T) [吉井和哉]

5月12日の母の日の今日、奈良県文化会館国際ホールに、プレファイナルのTOUR 2013 GOOD BY YOSHII KAZUYAを見に行ってきました。毎年恒例、展示会前の忙しい時期なので、ストレスをガツンとやっつけてもらって、5月末までガンバロウ!的な目論見。

Nちゃんと駅の近くで合流して、9mmライブが楽しめなかった話とか。Nちゃんも音楽聴いてないんだって〜。Mステの栗山×滝を見るように言っときましたw
開場したので、昭和な雰囲気のホールに入って、まったりしてたら、「ライブ楽しんでね♪」っていうメールやLINEやTweetなどいただき、晴れがましい感じ。昨日の和歌山で、みんなシアワセになってきた模様。次はアタシの番です。

いつも吉井さんのツアーは複数箇所行くし(大阪会場いっぱいあるし♪)他の会場の内容とかチェックする(ネタバレとか気にしな〜い)のに、今回は奈良だけだし、チェックもしておらず、JAPANで「LOVERS 〜」や「バラ色」をやる、4000粒を女装でなくやる、とか読んだくらいなので新鮮〜♪

ウブちゃんがいない編成。「トブヨウニ」はじまり。セトリ知らないから新鮮〜。「I WANT YOU I NEED YOU」とか♪「CALL ME」でちょっと泣きそうに(忙しいし)。「ゴージャス」も楽しかった。いつも♪差し足さぁあ〜♪のとこがキライなのだけど、今日はよかった。あと「シュレッダー」とか「HEARTS」も前半だったかな?「煩悩コントロール」だっけか?「朝日楼」とか。「シュレッダー」のヨシフミの奮闘ぶりに、「ヨシイさ〜ん」の声援の間に「吉田さ〜ん」ってのが混じって、笑いを誘ってた。

スクリーンが映し出されて、LINEの画面(ヨッシー、新しいもの好きw)でのみんなのやりとりとか面白かった。そのまにセッティングして、ここからアコースティックコーナー。んで、ライブやっているうちに喋りが長くなったんだって。「トークショー曲付きに来たと思えばいい」って。吉井さんのオハナシも嫌いじゃないので、楽しく聞いていました。母の日の話とか。そんで「かぁさん♪」で始まる「HATE」(大好き♪)次なんだっけ?バンドやってる時に長島さんに会った話とか?お母さんが巨人戦見てるとか?曲忘れた。「CALIFORNIAN RIDER」かな。んで、スツール買ったハナシ(これも長い)。豪華客船に乗ったつもりで…とかで「4000粒の恋の歌」さぁ、これでアコースティックは終わりかな♪と思ったら、まだあって、もう辛抱できなくなって、「こんなに喋るんなら、ビール売りに来いよ」って思ったわ〜。お話は面白かったけど、この半分でよかった。まだ終わらない、まだ終わらないと思いながら聴いて疲れた。「今日は日曜日だから、もう一曲やります」で、みんな喜んでいたけど、アタシは「エエ〜!」って感じだった。もうアコースティックライブで終わっちゃうのかな…と悲しくなって、やっと終わった時には集中力が途切れてしまった〜。

それ以降、ライブの楽しさ三割減って感じで、アコースティックの続きみたいな雰囲気の曲で再開だったから、なんかもうガックリ来ちゃった。「バラ色の日々」も早送りみたいな早さで。そんで、もうライブ楽しめないとわかったので、8時も過ぎてるし、早く終わってくれ!と思いながら見ていたら、これがまた、なかなか終わらなくて、結局9時まであった。なんだろ?オアシスのカバーとか、「LOVE & PEACE 」や「Beautiful」「Flower」Hey Allとか?「天国旅行」が大好きだけど「JAM」に思い入れのない私には辛いセットリスト。
最後の曲は「血潮」で、アカペラVr. 途中ヨシフミの打楽器(ギタマガで滝様が作ってたやつ!)が入って、後半みんなで手拍子。三本締めじゃないけど、みんなの幸せを祈念してお手を拝借!みたいな気持ちなんだって。吉井さん、歌は上手だったけど、伴奏って大事だなぁって思った。んで、手拍子したくないからしなかった。手拍子じゃなくて、拳をあげたかったのよ。

帰りは「特に感慨はナイ」と言ってたワリに3000円もするポストカードBOOKを購入していたNちゃんに愚痴ってました〜。でもよくよく考えたら、昭和な地方のホールを回るツアーで、ライブハウスのノリを期待した私がバカだったような気もする。とりあえず、9mmに続いて二連敗で、アタシが気難しすぎていけないのかしら?もうヤダ〜。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る