So-net無料ブログ作成
検索選択

YOSHII KAZUYA SUPER LIVE 2014~此コガ原点!!~日本武道館 [吉井和哉]

2014年12月28日に武道館で行われた吉井和哉のライブに行ってきました〜。RO69でセットリスト拾ったのでそれに沿って。

01.SPINNING TOE HOLD
02.真赤な太陽
これでガク〜って来た。大阪城ホールで聴いたときも思ったけど、美空ひばりの方がええやん。

03.WEEKENDER
少し取り戻すも混乱気味。

04.ウォンテッド(指名手配)
05.おまえがパラダイス
06.サムライ
激下がり。NHKの番組で見た方がよかった。なんか盛り上がれず。

07.VS
少し取り戻すがまだ迷子。

08.夢の途中
09.あの日にかえりたい
10.百合コレクション
11.人形の家
怒っている。新幹線往復とホテルとチケット代で五万円ほどかけて時間も潰して来たのにこれかよ、と怒っている。

12.シュレッダー
「シュレッダー」がこんなにいい曲だったとは!と天の助けに思えた不思議。

13.さらばシベリア鉄道
この曲はわりと好きなので、冷え冷えと極寒の地で冷えきって遭難しているアタシに遠くから12月の旅人よ、と呼びかける小さな声ありて、うっすら目をあけ、このまま伏しているわけにはいかぬ、起きて雄叫びをあげるのじゃ、という気にさせてくれた。

14.MUSIC
から〜の、MUSIC!福音でしたな。ここで思い切り飛び上がって膝を痛めました。この期に及んでイントロで「まず〜しさに〜負けた〜」とかカヴァーぶっこむ吉井さんにイラっときましたけど、楽しかった♡
15.点描のしくみ
16.ビルマニア
17.SPINNING TOE HOLD

なんだかね、私の記憶ではMUSICは三曲目なんですwww 自分でも不思議だけど。
「真っ赤な太陽」「さらばシベリア鉄道」「MUSIC」で本編は終了〜。

(encore)
18.襟裳岬
まさかの、少年少女合唱団を背負っての「襟裳岬」。ナイよね〜。イランよね〜。吉井さんがコーラスバックに「襟裳岬」歌いたい、っていうのが許せないわね。黒い袋を被せた裸のお姉ちゃんをバックに歌えば良かったのにねぇ。

19.アバンギャルドで行こうよ
20.SUCK OF LIFE
21.FINAL COUNTDOWN
この辺はね、もうね、ここで盛り上がっとかないと低体温症になりそうだったのでね。そして吉井さんも自分ばっかり髪の毛増やしてないで、バーニーにも増毛手当上げればいいのに、って思いました。

22.クリア
この曲はね〜今のところあんまり好きじゃない。歌う曲順によっては今後「シュレッダー」みたいに名曲!って思えるかもシラナイけど。

(encore 2)
23.ボンボヤージ
この曲は退屈。民生の曲かと思った。フェスで歌われたら盛り上がれずに棒立ちやん。


…と、これで武道館を後にして、打ち上げでヨッシーにダメ出ししまくりましたよね。そりゃね。一年振りのライブでこれはないよね。吉井さん、堀内孝雄みたいになりたいのかな〜。地方の◎◎ホールとかにオバチャン集めて、しっとり系の歌を聴かせてうっとりさせたいのかな〜。「SIDE BY SIDE」は好きだけど、全部そんな感じになるのはイヤだな〜。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る