So-net無料ブログ作成
検索選択

世界一カッコいいバンド(自称)、ワンオクの35xxxv JAPAN TOUR 城ホ中日 [ONE OK ROCK]

今まで言えなかった事が言えるようになった、オレたちは世界一カッコいいバンドになった!と高らかにtakaが宣言していました。もちろんアタクシもその通りだと思いました。

浜スタ以来のワンオクライブ。海外ばっかり行っちゃって、なかなかライブしてくれないじゃない〜というファンのヤキモキに応えて、来たい人はみんな来れるように大箱ツアーをやってくれちゃいました。関西は大阪城ホール3daysです。オバサンの体力も考えて中日の土曜日に参戦。本当は横浜のファンのオトモダチとも横アリに行きたかったんだけど、ちょっと仕事が立て込んでて無理で、このツアーは一カ所のみの参戦。今は、たまアリに行きたい気分〜。

オープニングはゲストアクトがあって、今日はThe Winking Owlというエントリーして審査して選ばれたバンド。ボーカルの女の子の緊張が伝わってくる感じだったけど、緊張してなくても歌唱力はあんなもんだったと思う。とてもたくましい腕に親近感がわいたし、可愛い雰囲気だった。ギターもかっこよくて、よい経験になったんじゃないかな。
ただ、初日と翌日のゲストはCrossfaithだし、日本ガイシホールはラスベガスだし、それはちょっと羨ましい〜。

初日のセトリをネットで拾って(その辺のこだわりはないの)予習していった。新しいアルバムの曲全部と欠落オートメーション(カラオケ用に練習してたけど断念した曲)やDeeper Deeper(大好き♡)やSmiling down、Lire、完全感覚Dreamer、アンサイズニアなど。新譜がとっても気に入った私としては大満足のセトリ。アルバムのツアーだから全曲やるの当たり前(トライセラに言ってるw)。

takaは英語歌詞の難しいところを平気で「歌え」というので、歌詞見ながら一生懸命予習してたのだけど、前回も撃沈した人生×の中の「Clock Strikes」のサビを歌えと言われたわいな(無理〜)。
What will we have?…
Believe that time is always forever
and I'll always be here
Believe it till the end
I won't go away and won't say never
It doesn't have to be friend
You can keep it till the end
う〜ん、無理〜。
あと、「Paper Planes」のアタマのところ、
From paper planes, to hand grenades
I'm gonna take you out
を4〜5回練習して(スクリーンに歌詞がでた。ウーバーみたいw)
でも本番は歌詞がでなくてやっぱり撃沈〜。もっと精進します。

海外でアルバム作った経験がバンドの成長にとてもプラスになったと言っていたな。確かにそれを感じる。浜スタより格段にカッコ良くなってる。本人達も(てゆうかtakaが)手応えを感じているようで、ファンのみんながジイサンバアサンになって(もうなってる)、死ぬ間際に「ワンオクと出会えてよかった」と思ってもらえる存在になる!と言ってた。それってスゴイことだよね。そこまでハードルあげるかな、と思いつつ、現状にとどまらないtaka、さすが、と思いました。

オープニングに若いバンド迎えたことに言及して、日本の今の音楽シーンに満足していない、ダサイと思ってる、カッコいいと思えるバンドは数えるほど…というお話もあり。その中でワンオクができること、ということだったみたい。大舞台に出る若いバンドを見て、自分たちが初めて大きなステージに立ったときの気持ちや、先輩バンドと一緒のステージに立ったときの事を思い出した、と言ってた。「ありがとうございます!」と口ではいいながら「ぶっ殺してやる!」とお腹では思ってた、というようなtaka節もあり。こうゆう生意気で鼻っ柱の強いところが好きなのですよ。

演奏もパフォーマンスも文句なく、takaの「伝える力」の凄さを堪能しておりました。ただ、一点言うなら、曲のつなぎは9mmの方がいいよね!なんか一曲一曲それぞれで完結して、ブツブツライブが途切れる感じなのはちょっと。せっかくノリノリなのにジェットコースターが一旦終点について、また乗り直し、みたいな。その点、9mmは、うわ〜!キャーー!!というジェットコースターの終点かと思いきや、そこから別のジェットコースターに連結されてまた次のワーキャーに…というのが続いて、激しい興奮の連続でアドレナリンもドーパミンも汗も吹き出す脳内と肉体のカオスが作り出されて熱狂の渦の中で忘我の極地、ライブ終わったら茫然自失という感じなのがいいんですよ。なので、ワンオクももうちょっと曲のつなぎにアソビをいれつつ工夫していただきたいな〜って思いました。
あと、曲とパフォーマンスで成立しているから、大玉転がしやサイン入りグッズを客席にバズーカで打ち込むみたいな演出はいらないと思った。バズーカの時にtomoyaの代わりにtakaがドラム叩いてたのには萌え♡だったけど。

ボクシングの世界チャンピオンの井岡が見に来てると紹介されてた。「心のきれいなチャンピオン」とかって紹介がtakaらしいわ〜って思った。汚い心もなかなか面白いものよ、takaさん。

ライブ、とても楽しかった。「Cry out」も「One by One」も「Stuck in the middle」も好き。新譜またいっぱい聴くわ〜そしてまたライブに行くからね〜。また会いましょうね〜。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。