So-net無料ブログ作成
検索選択

京都大作戦2017二日目 [フェス]

kyouto_daisakusen2.jpg
テンフィ前の源氏の舞台。スゴイ人ですね〜。

とくに目当てもいないし、体調や体力のことを考えて
お休み日にしようかな〜と思ってたのですが
感じとして、がっつりフェスに参加するのは
年齢的に今年で最後なんだ…と実感して、
では最後の思い出に、と行ってきました。

京都はダイブやサークルモッシュもとっても多くて
出てくるバンドも絶叫系っていうか心情吐露系やおせっかいMC系が多い。
叫んでるヒマがあるなら、ギター弾けよ、
と思うんだけど、出てる方もいろいろな迷いとか
悩みとか希望とかあるみたいでなかなかやまないw

で、RADWIMPSです。
10年ぶりのライブ。
はじめて行ったフェス、RIJFでとってもよかったラッド。
「いいんですか」とかで人気絶頂だった。
私もカッコイイな、とCD買ったりしてたけど
9mmに忙しかったり、ラッドが休止したり
楽曲がイマイチに感じてきたりで
疎遠になってた。
前前前世で脚光を浴びても、特になんも思わなかったんだけど…

なんだかすごく良かった!!
野田くんの才能が煌めいていたね。
いつもメソメソしている男のイメージだったけど
ハキハキとMCして、歌詞も音楽に乗って、
会場の隅々にまで届いてた。
前前前世、フルで初めて聴いた。
で私の知ってる曲もやってくれたし
棒人間で涙が決壊しそうになった。
(10年ぶりに会ったヒトに泣かされたくなかったから堪えたw)
ギターとベース合戦からドラムが入ってきて
野田くんが指揮して、音の楽しさに溢れてた。

キタナイ男の子達が「ロックだーー!!」
「オレはオレだーー!」「オレをわかってクレーー!」と
絶叫してる空間に颯爽とあらわれて
同じ心情だけど、作品に昇華させて多くのヒトの共感を呼んでて
演奏も磨かれて、美しい音を届ける努力をしてて
素晴らしいと思った。澱んでた空気がぱっと晴れた。

才能がないと音楽しちゃダメってわけでもなく
才能がないヒトが叫ぶからこそ
共感できることもあるし
どちらもアリだと思うから
それで、絶叫系のバンドもラッドに学ぶトコあるだろうし
ラッドも大作戦の空間で思うところあるだろうし
それぞれがもっといいバンドになれる気がする。
だからラッド呼んだ10-FEETえらいな、って思いました。

10年前に初めて夏フェスに行って
楽しかったRADの成長したライブを見られて
「ハイ、アナタ、フェス、卒業ね!」って
RADに引導渡された気がする。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る