So-net無料ブログ作成
検索選択

長野を堪能したTYM SUPER JAPAN TOUR ビッグハット二日目(2モン) [THE YELLOW MONKEY]

初夜の心地よい痛みを感じつつ、(これ、吉井さんの表現です。アタシこんな悪趣味なこと言わな〜い)二日目です。まずは午前中に集合して、戸隠神社に行きました。ドキドキハラハラな初回が楽しく済んで、まだもう一回ライブある!と、アタシたち(会社の同僚SさんとJ子、長野県民Kさんとアタシ)は元気です。車の中ではアタシのために用意してくださったスペシャのウェルアレDVDからスタート。朝から全開でヨーヘイ萌えしてしまった。カッコいいよね、川上洋平♡

TYMS_N_07.jpg
まずは宝光社にお参り。…階段、270段あるんだって。最後死にそうになった〜。でもイエローモンキーとアタシの未来をお願いしなくっちゃ、で頑張った〜。

TYMS_N_08.jpg
神様、欲張りでごめんなさいね。でもよろしくです。

TYMS_N_09.jpg
お昼はそばの実というお店で天ざる。美味しかった♡

腹ごしらえも済んだので、いよいよ奥社に向かったんだけど、普段デスクワークのアタシにはなかなかの辛さだったわ!みんなもへろへろw
TYMS_N_12.jpg
茅葺きの屋根に草が生えているのが可愛かった。

TYMS_N_10.jpg
森の中のまっすぐな道を歩く感じ。大きな杉の並木は天然記念物なんだって。

この後、あまりの過酷さに写真撮る余裕をなくした。段差の大きい石段が登っても登っても続くんで、もうライブは座って見ることになるんじゃないかと思いました。でもなんとか登りきってお参りできた。Kさんはエマちゃんと吉井の結婚を祈ってたらしいw
4時開場の5時開演だから、時間がなくなって、中社はパスして、鏡池を見てから会場に。

駅までの車中は、先日フジテレビNEXTで放送された、イエモンがHEY HEY HEYに出たときの映像をつないだ番組。これはね、もう萌えないわけにイカンよね。この時の吉井さんは美貌のパワー全開で、「誰を見ていいかわかんない〜」なんてぬるい状態にはならなくて、吉井凝視一択。ミニスカートの女装のやつとか(J子の超オススメ)とっても可愛い。この美貌全盛期を知らなくてよかったのかも。全財産持ってかれてた気がする。今はオジサンだし、ライブチケットは8枚で我慢したけど、この美しいときだったら全通目指してたかもしんな〜い。とっても危険な香り。第一期イエローモンキーのDVDで、とてもいい気分でキャーキャーいいながら移動できた(角刈りのアニーが出てきたときは全員全力でブーイングだったけど)。

またバラ色募金して、ファンクラブのくじ引いて、悩んで物販行って、アタシの直前でキャンバストートバッグ売り切れたんで、黒のぺたんこの方のトートバッグ買った。
TYMS_N_015.jpg
特に欲しくはなかったのに、買ったとたんに愛着がわいてしまった!

二日目は、それほど前ではない、でもSUPERシートのお隣さんくらいのとてもいい席!ヒーセ寄りだけどw
今日も600秒のカウントダウンから!プライマル。そして、楽園。昨日と違うお衣裳にまたモエモエ。ヨシーのブラウスも素敵だし、エマちゃんのロングジャケットもいい感じ♪みんな革パンです。みんな太ってなくて偉いわね〜。
4曲目は、 LOVE IS ZOOPHILIA。曲は知ってるけどタイトルわかんなかった。可愛らしい曲♡と思ったら、吉井さんとエマちゃんの作曲なのね。
そして、LOVERS ON BACKSTREEからの、FINE FINE FINE。この曲がこの日は一番よかった!ドンドンドコドコのアニーのドラムが印象的なはじまり。間奏のギターもいっぱいでいい感じ。男であり女であり、まっすぐであり、ねじれてる。吉井さん、相反することが同時に存在する人間のメンドクサさや複雑さを歌詞にすることが多いよね。生きているとそれは強く感じるし、池波正太郎先生もそう言ってたよ!初めてジャガーハードペインを聴いた時は、とっても面白いと思って、面白がって聴いてた。それがなんと、SUPERになって、芸術的価値が付加されて、とんでもなく素晴らしくなってた〜。自分たちのことやエマちゃんを「国宝」って言ってて、会場ではピンときてなかったんだけど、今は「まさしく国宝!」って、ウチに帰って思い返して実感してる。

球根、カナリヤ、HOTEL宇宙船(「鍵」ってちゃんと言えた!一緒にいったSさんは「カニ」だと思ってたんだって〜一番ファン歴長いのに!!)。
空の青と本当の気持ち、そして逆まわしからの「ALRIGHT」。吉井さん「準備?」客席「オーライ!!」のコール&レスポンスあり。そして「SPARK」お参りで足がガクガクだけど、ここで一番盛り上がりたいから頑張っちゃうもんね〜♪

TYMS_N_13.jpg
ALRIGHTの曲の時に、お振りなさい、と買わされたペンライト1000円。再集結していくら納得の行く音が出ても、聴く人がいないと成立しないし、経済的な成功があってこそ、「成し遂げた」ってことになる。物販は、アタシたちの愛を試されているラインナップだけど(ここまでヘンでも俺を愛してるなら買えるハズ、着られるハズ、というドSな吉井さん)、試されているのが悔しいね〜。そんな必要ないのに。みんな並んで買ってた!

そして来ました「見てないようで見てる」からの「SUCK OF LIFE」コーナー。オジサン同士だと、そんなに生々しくなくて(ちょっとおぞましいけど)笑えるからいいわね。ひとしきりエマギターにマイクでイヤらしくキュ〜〜とか音を上げさせたりして遊んだ後、すっと立って、キッて正面見てキレ気味に「終わりました。」「無事に終わりました」って言った。これがめちゃくちゃ面白くて笑ってたんだけど、文字にすると全然面白くないのね。とっても気に入っちゃった。
んで、紹介コーナーで吉井さんがエマちゃんを「俺の女房です」って紹介して「男も好きです」(だったかな?)って言ったの。もう、アタシたちは、戸隠の神様がKさんの願いを聞き届けたんだと思って、ビックリした。苦労して階段登った甲斐があったわね。吉井さんの髪型も若干アソビがあって、可愛くなってたし。神様、シゴトが細かい!
ヒーセのことを「みんなが、また『イエローモンキー聴きたい』って思うのはこのヒトのせいです」って。これは確かに。イエモンらしさ担当。アニーとヒーセがグルーブ担当なのね。吉井さんとエマちゃんがエロと美貌担当。エマちゃんは官能大臣♡

「悲しきASIAN BOY」はTHE YELLOW MONKEYにSUPERって加えるところのジェスチャーが好き。それに欽ちゃん走りしてた?

アンコールは「Romantist Taste」からの、「ラーブ、ラーブ、ショーー」でした。ソロライブでけっこうやったのを見てるんだけど、こんなにちゃんと吉井さんが歌っているラブショは初めてかも。いっつも誰かに歌わせてさ〜。で、さっき「俺の女房」とか言ってハズカシくなったのか、エマちゃんとの絡みはナシだったの。「お乗りなさいっ!」ていうの見たかったのにw
「BRILLIANT WORLD」「WELCOME TO MY DOGHOUSE」「JAM」で終わり。

なんか、初日よりのびのびしてたし、楽しそうだった。代々木の中継はアニーとヒーセがニコニコだったの、この日は吉井さんもニコニコ。そんで、もうイエローモンキーを解散させない、ってハナシの時に「これからの人生をすべてイエローモンキーに捧げる」って言ったんだよ。ソロはどうすんのかな?ってか、J子ったら、「(これからの人生)もうあんまり残ってない」ってwww 厳し過ぎるわ!
ライブ四回やって、今日が最高って。手応えアリアリだったのね〜。よかったわ〜。最新のイエローモンキーが最高であるように頑張る的なことも仰ってました。

最後に客席に挨拶にきてくれるの、二人ずつ上手と下手に別れるから、エマとアニーが五郎丸ごっこしてたり、吉井さんが手を振ってるのも見たいし、困った!
アニーが「長野、愛してる」って。よかったね〜。

駅前に戻って打ち上げ♡楽しくないわけないよね♪ドキドキの初夜と充実の二日目をくれて、イエローモンキーさん、ありがとう。

TYMS_N_014.jpg
お土産いっぱいもらった!Kさんお手製のイエローモンキーハンカチ、J子から七味ガラムマサラ、Sさんからリンゴのおやつもらったのに撮る前に食べた。そして、吉井さんからイエモンシール(ファンクラブの抽選)♡アタシがいくら熱をあげても、エマちゃんはアタシのエマちゃんにならないと思う。アタシの担当は吉井さん。吉井さんが面倒見てくれなくちゃ困るからね。これからもよろしくね。


長野で目出たく初夜。TYM SUPER JAPAN TOUR 2016 ビッグハット1日目(1モン) [THE YELLOW MONKEY]

何から書いていいやら、いつを始まりにしたらいいのかさっぱりわからない。ファンになったとたん活動休止で、それから貪欲に過去に耽溺して超耳年増だったアタシ。ナント15年後に、めでたく長野でイエローモンキーとの初夜を迎えることになったのであった。

大阪から名古屋経由で「ワイドビューしなの」に乗って長野入りした。長野のチケットを取ったのは、土日に行けることもあるけど、HEEFESきっかけで仲良くなった、変態具合が同じくらいのオトモダチの地元だってこともあるから。アタシはフツーと思っていたのだけど、他のファンの人と話してみると、ちょっと変態具合が違ってたりして、同じテンションで盛り上がれるってとっても貴重。

TYMS_N_01.jpgTYMS_N_02.jpg
名古屋のりかえで「なごや美人」のお弁当ゲット。胸がいっぱい、とか言いながら平らげる。

長野に着いたら、まずはお土産をしばきまくり。9mmのおっかけで松本に来て以来で、ほぼ初めての土地なのでなんでも新鮮で、何でもすぐ買う。

TYMS_N_03.jpg
いろは堂のおやき2個食べる。美味しい♡(今のところ食べてばかり)


ホテルに荷物置いて、まずは善光寺さんに、ツアーの無事と、吉井さんの美貌がこれ以上損なわれないようにと、アタシの健康と仕事運の向上を願ってきました。

TYMS_N_04.jpg
よい天気で気持ちよかった。吉井さんが召し上がったと言うお蕎麦屋さんの前も通りました。

グッズも買わないといけないので、シャトルバスで早めにビッグハットに。まずはバラ色募金。そしてグッズ。のれん買おうと思ったんだけど、思ったより小さかったのと、これからライブ通うのにイエモンタオル持ってた方がいいかな、とゴールドラメのゴージャスタオルと、ALRIGHTの時に打ち振らねばならん、と噂に聞いたペンライトを購入。

開場待ちの間、開場してから開幕までの間の心持ちは、いくら書いても書ききれないので割愛。で、600秒前からカウントダウンが始まりました!数が減って行く度に客席がどよめいて、99でワナワナ、ドキドキしながら10まできて、9、8、7、とみんなでカウントダウン。一日目はここで時間がスローになった気がした。なかなか減らない〜と思いながら3、2、1、0でバラ色REMIX。そしてプライマル。…なんか泣きそうになったわ〜。胸がつまって感極まった。影から始まって、ちょっとずつ出てきてくれてよかったかも。まどろっこしいけどw
プライマルは、いろんな背景に影響されて「カラ元気の歌」って印象だったけど、時間を超えたらきちんと本当のメッセージが伝わった気がした。それで、喜びと明るさを取り戻してからの楽園。代々木の中継の時も思ったけど、吉井さんが一番イエモンぽくない!アニーもエマもヒーセもみんなイエローモンキーなのに。3人は、DVDで見てた人達の延長に感じるけど、吉井さんはイエモン臭がちょっと薄いw
Love Communication 、Chelsea Girl くらい来てだんだんロビンに(セトリはWEBで拾ってます)。ってか、エマちゃんはDVDで見てたよりずっとエロい!カッコいい!悪そう!モテそう!極悪非道そう!信じられないテカテカのラメラメのスーツ着てるww

A HENな飴玉、Tactics、 LOVERS ON BACKSTREET。しばらく振りで聴く曲も、何度も何度も聴いていたので、カラダに染み付いているんで、もうなんだか不思議な気持ちで腕を振ったり歌ったり。
そして、来たぜ、「薔薇娼婦麗奈」。とても演劇的で面白くって感動した。隣にいた、アタシに過去のファンクラブの会報や「音楽と人」「JAPAN」などの貴重なアーカイブを貸してくれて、立派な変態ファンに育ててくれたJ子が、アタシが身をのけぞらして笑ってた、と面白がってた。でも、本当に面白くて、誰にも真似できない、独特の世界を作り上げて表現して、完成されててスバラシイ!と思ったわ。
球根もとてもよかった。前半の暗く抑えた土の中にいる感じから、「世界は〜粉々に〜」のところで、ぱぁあんとはじけて、眩しい光で全身が満たされるような、照らされるような、球根と同化して花開くことを体験させられている感覚が、「咲け!!花」と神の声に迫られている感じがとても面白かった。
HOTEL宇宙船は「鍵」って上手く言えなかった〜。
そして、音源ではとくに感慨はなかった「空の青と本当の気持ち」、とても感動した。なんでかな?様々な経験で表現力が増した?年取って、クリアになって、自然に、素直に歌えるの?

で、四人がここで一旦はけて(ここでアニーがちゃんと見られた!アタシの位置からだと、ドラムセットで見えなかった〜)、はけたとこから巻き戻しで会場設営、入る前、物販でワナワナしてる、渋谷の垂れ幕とか映し出されて、メッセージが出て、「 ALRIGHT」この曲、PCで聴いた時はあんまりだったんだけど、ライブで聴くと超カッコよかった♡好きになった。からの、「SPARK」ここで一番体力使ってきました。Are you ready to spark ?も叫んで来た。ホンモノのSPARKやん。楽しい。

そして「見てないようで見てる」ここでエマちゃんが来てくれた♡(ヒーセ側の端にいましたw)め〜っちゃエロいやん〜。吉井さんよりヒドイ!!それでハアハアなっているところに畳み掛けるように「SUCK OF LIFE」のイントロが始まって、「ファスナーー下ろ〜してぇ」って、まあ、アンタ。もうね、バーニーの時とゼンゼンチガウよね。ソロの時のサックオブは冗長に思えたけど、イエローモンキーだと、全然長く感じなかった。適正時間配分でした!アニーはオオカミとずっと暮らしてたみたい、とかイエローモンキーのグルーブって。エマちゃんは「叶姉妹」「官能小説」「ラブホテル」とか色々言われてたけど、どれも当たってるw 吉井さんはヒーセに紹介されて「ザ・イエローモンキーの吉井和哉です」って言ってました♡エマちゃんとの絡みの後、「大きな会場でも細かいことをやっていきます」って仰ってました。アタシはニヤニヤ見てたんですが、古参ファンのSさんは流れる動作で♪COCK SHOCK WO-BABY SUCK OF LIFEのあとのシャンシャンと手拍子を入れてて、さすが〜って思いました。

「バラ色の日々」は一緒に歌いました。からの「悲しきASIAN BOY」で、イエッサーー!はできた^^ 特効が激しくてビックリ。電飾は前のが良かった、って言ってる人が多くて、アタシも降りてきた時そう思ったんだけど、でも最後の「THE YELLOW MONKEY」ってみんなで言った後の「SUPER」って吉井さんが言った時に、やっぱりこの電飾の方が「SUPER」ぽい!って思った。そして、吉井さんの動きのいろいろがDVDで見ていたいろんなライブと重なって積み上げて来られた歴史を思った。

アンコール1曲目は「Romantist Taste」で、TRUE MINDのDVDが大大大好きなワタクシは大ヨロコビ。詩の暗誦もあって♡「BURN」は「夏の海とか冬の街とか」のところからの盛り上がりが胸に迫って演歌みたいよ。鬱屈した感情を歌っているようでいて、メロディーは糸が切れて空に吹き上げられた凧のように解き放たれてる。孤独と自由を感じる。「BRILLIANT WORLD」も歌い上げる系。歌詞だけみるとナンだけど、歌うことで様々な感情や風景を想起させる、吉井さんは超一流の詐欺師みたいよ。そして、ウェ〜ルカァ〜ム!!「WELCOME TO MY DOGHOUSE」この曲も好き♡なんて中二なの♡

最後は「JAM」。あんまり好きではないけど、これを最後に持ってきたい気持ちもわかるし。ありがたがって聴かない「JAM」ならOK。

「イエローモンキーを生涯続けます。もう解散しません」って言ってた。活動再開が発表された時、一年限定なのかな?いつまでなのかな?ってそっちの方も気になったので、ハッキリ言ってもらえてよかった。吉井さんは熱狂的な歓声の中で愛されたり妬まれたりしていて欲しいので、とてもよかったと思う。

最後は、うれしさ大爆発のアニーが締めました。とても良かったと思います!

駅まで戻って打ち上げですよね。すりゃ盛り上がりますよね!吉井さんの髪型にダメだししますよね!

TYMS_N_06.jpg
みんなのピックを集めました。

エマちゃんの人気が高かったですよ。そのためにライブでどこ見ていいんだか困るという現象が発生。どこかでエマちゃん、転んだんだって!そんなの見てない〜。エマちゃんの色気にやられたアタシタチ。地元民のkaeruさんはエマちゃんとロビンが結婚するように!と主張しています。奥さんはエマちゃんの方だそうです。(明日に続く)
メッセージを送る