So-net無料ブログ作成
検索選択

サマソニ2016--エマと私、微笑み合う二人--(9モン)(4ドロス) [フェス]

sonic_01.jpg
フェスから帰ってリストバンド切るとき、ちょっと寂しい。

いっつも、サマソニのチケットをとる時は「楽しい野外フェス」のイメージなんだけど、開催が近づいてくると、大阪は連日の気温35℃越え湿度過多な気温に攻められている時期なので、ちょっと行くのに気が重くなるのよね。今年もやっぱり激アツなサマソニでしたね。それでも終わってみれば、記憶の9割は、風に吹かれながら手を振るアタクシを見つめて、エマちゃんがニコッ「わかってるよ。」「よく来たね」「いつも応援ありがとう」「キミ、カワイイね!」とテレパシーを送ってきたことでした(だいぶ危ないw)。つまり、とっても楽しかったんです!

sonic_map.jpg
入り口とOCEAN STAGEは、MAPの端と端の位置関係。遠過ぎる。

この日の最大目標は、イエローモンキーを少しでも近くで見て、生きて帰る!でしたので、昼頃出勤。それでもコスモスクエア駅を降りたら、バス待ちの大行列。たまたま会った同僚のMさんと列に並んで、アレキのまーくんの悪口とか吹き込んでましたw アレキから参戦しようと約束してたJ子も少し後ろで並んでる模様。30分くらい並んだかな〜。イキナリ疲れたよね。そんで、バス乗って会場着いてリストバンド交換でまた並んで、カワイイお姉さんにリストバンドつけてもらって(サマソニの謎のサービス。だけどちょっとアガる)、オーシャンステージを目指す。めっちゃ奥やん〜歩けども歩けどもつかなくて、途中で不安になりながら、やっとゲートまで来たと思ったら、そこから道幅細くなってなかなか進まず、辿り着いたときには「Burger Queen」がもう鳴ってて、ちょうどメンバーが登場したところでした。間に合った〜!!

[Alexandros]のライブは4回目。大阪城ホールのチケットは落ち続けて結局取れなかったから、レディクレ以来のヨーヘイ!黒いジャケットのステージ衣裳で、とってもカッコいい!暑いしTシャツかな?と思っていたけど、結構気合い入っていたのかも♪サトヤスは暑さ対策Vr.だった。13時15分スタートで、もう灼熱な感じ。エマ側狙いだったので、仕方なく白井側の前方に位置取り。メンバーの姿も、ビジョンのアップの顔も見られていい感じ。ただ、前半はあんまり盛り上がってなかったよね。ひたちなかのファンとはちょっと違うというか、アーティストにあんまり親切じゃないw そうそう一緒に歌わな〜い、みたいな。
野外は音響が劣悪なので、それに慣れるまではイマイチだったんだけど、耳が慣れてきたら、音もちゃんと聴こえて楽しくなった。「starrrrr」の曲紹介の時に、「大阪でできた曲」と言ってた。ググってみたら、アレだね、サカナクションと己を比べて泣いていたのか。「私は私だから 貫いて 誰に何を言われようとも」という一連の歌詞がとても好きで、それは、サンボマスターやファンキー加藤が言うのではなくて、[Alexandros]の洋平が歌うからアタシに響く。「Adventure」のウォウオ、ウォウオのコール&レスポンスあってから、「Dracula La」とても可愛い曲。だけど曲中の拍子が超難しくて、ナカナカ合わせられないんだけど、前にいたアレキタオルの男子が完璧に手拍子してて面白かった。「ワタリドリ」で終わり。楽しかったし、カッコよかった。ヒロのMCもいい感じだったし、洋平がタオルで汗ふいてる姿までカッコよかった。

sonic_02.jpg
柵前にたどり着いた。。

そして、アレキのお客さん去った後に、J子と合流して柵を掴む。ちょっと熱くなって、熱中症とまではいかないけど若干元気なくなって、凍らせたペットボトルの溶けかけを両手で揉み解して1本飲んで、元気回復。手元の水分が減ってきて不安。砂漠の旅行者ってこんな気持ちなのかしら?

転換で、後ろの幕が上がったら、「ツードアーシネマクラブ」と思いっきりカタカナ書きされてて、なかなかよかった。北アイルランドのバンドなんだって。暑さに弱そうで、曲中でもドリンク飲んでた。実は全くの初見で、何の予習もしてなかったので。。なので、野外の環境で元を知らないと脳で音の補正もできず、散漫な音に耳をすませていた。ちゃんと聴いたらよさそう。

そして、後ろがギューっと詰まってきて、アタシもバッグからイエローモンキータオル出して、小銭使ってるアピール♡ツアーのタオルやTシャツ身につけているヒト、いっぱいいた。きっとイエモンがサマソニ来場者の平均年齢を押し上げたハズ!
アニーから登場!キラキラタンクトップ!エマ〜!ノースリーブエマ〜!ヒーセも登場!吉井さん、髪型変わってる!脱・美川憲一!左耳出すパターン♡SUCKはじまりね。メンバー紹介ないSUCK、新鮮。それに変態風味薄めだった〜。からのBURN。フェスだし、最前だし、大声じゃないけど、結構一緒に歌った。気持ちいい。ROCK STARではまず吉井さん、そしてエマちゃんがステージ端に来てくれます♪ってか、エマもロビンも基本こっち向いてたよね!
この辺り気付いたのかな、やたらカメラが客席向いて回ってる…。やめて〜せっかく楽しく参加してるのに…というわけで、タオルを顔に巻いて参戦。何を勝手にオバハン映しとんねん、ええかげんにせえよ。
「知ってる曲があったら、一緒に歌ってください。」で、ALRIGHTに行くロビンがわざとなのか素なのかわからなかったw 明るいところで聴くALRIGHTもよかった。からの、SPARK?何だか音がよくわからなくて、イントロ聴いても何の曲かわからなかった。風がとても強くて、気持ちいいのはいいんだけど、音は崩壊気味。でもシアワセだった。吉井さん、とってもカッコよかったし、洋平見た後でもカッコよかったし、エマちゃんのギタープレイをナニ越しでもなく、一番前で楽しめて(ずっとアヒル口なの。可愛過ぎるわよね)、そして極めつけの「ニッコリ(そんなに手を振らなくてもわかってるよ)」。満たされたココロから、ピンクのハートが何千、何万と、風に乗って空高く舞い上がっていきます〜。
「いっしょに歌ってください」(これは大丈夫w)追いかけて〜も、追いかけても〜逃げて行く月のように〜♪バラ色のPV、撮り直せばいいのにね。パールもイントロがよくわからなかった。でもパール。大好き。
吉井さんが上手に来てて、交代でエマちゃんが来て、下手に向かって歩く吉井さんが髪をかきあげて、風の力でオールバックを保ちつつ歌う(ヅラ疑惑軽減!)。近くのエマ、オールバックのロビン、アタクシは、どちらを見ればいいのでしょうか?でもヒーセが来てくれた時も心から歓迎した。ヒーセ、暑いのにヒーセで偉い!
LOVE LOVE SHOW〜のコールで、ラブショ。ドラムに集まって何の会議?アニーはニコニコで大きな口で歌いながら叩いてて、その周りを囲むメンバー。
「イエローモンキーのロックンロールアンセム」という紹介で「JAM」。眩しいほどの晴れ、何万人にも囲まれて「く〜らい部屋でひ〜とり〜」という歌いだしにアレだったのか、「そとは冷たい風〜」「暑い!」「街は矛盾の雨〜」「晴れてる!」「君は眠りの中〜」「起きてる!!」という歌いつつ、自分でツッコミ、という、ちょっとオモシロVr. のJAMになったのでした。でもみんなで歌って気持ちよかった。
そしてエマちゃんがずっと優しい笑顔で、アヒル口で、白い顔と白い腕と細身ボディで、ギターの音カッコよくて、カッコよくパフォーマンスしてて、とってもよかった。
「また、どこかで会いましょう」で終わり。城ホの告知して欲しかったわ〜。

風があって気持ちよかったけど、やっぱり暑かった。凍らせて二本持っていたペットボトルはアレキ〜ツードアで飲み干してしまっていたので、二本買って水分補給。そして、ヘタってた。日陰がなくて悲しい。レディオヘッド目当てのSさんも合流してまったりとしてたんだけど、サカナファンでいっぱいになって、そのあとレディヘだし、入場制限かかりそう。。とSさんとMさんと別れて、レディオヘッド見るつもりで予習してたんだけど、もう堪えきれそうにないのでJ子とSONIC STAGEのSUEDEに移動。
イエモンはじまる前に若干お腹減ったな…と思ったのだけど、もう食欲なくなって、かき氷買った時に隣の丼屋さんキッチンの惨状を見てさらに食欲減退した。

で、結局、SUEDEも初見。椅子席で見てたんだけど、ボーカルのヒトが若手バンドみたいにステージ降りて客席に攻め込んでて面白かった。そんで、みんなめっちゃ撮影してる。だんだん元気も復活してきたので、アリーナに降りて、ボーカルさんを近くで拝むことに。花道みたいに仕切った柵を進むボーカルさん。キャーキャー言う女性ファンも。マイクまわしパフォーマンスとか、バンザイジャンプとか、色々ワザを繰り出していた。プレミアムチケットで入った同僚Oさんもアリーナに降りてブレッドに触った!いい匂いがした♡と、喜んでた〜。帰ってからwikiで見たら、ボーカルのブレッドさん、同い年なのね。そしてSUEDEも活動休止してたんだ〜。

SUEDE終わって、外に出たら、風がとても涼しくて、きっとRADIOHEADのライブもいい感じだろうな〜と思いつつ帰りのバスに乗り込んだのでした。背中と鼻の頭がヒリヒリするけど、とっても楽しかった。「イエローモンキーの再集結でアタシはとっても楽しいよ!」ってエマちゃんに伝えられた気がする〜♪
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。