So-net無料ブログ作成

TOUR 2017 「LIVE IS A MIRACLE」神戸 太陽と虎で美しい澤ギター [黒猫チェルシー]

たいとら、久しぶり〜。チケット忘れて出かけてきて、また取りに戻るとか、ワタワタしながら出かけてきました〜。

スクリーンショット 2017-04-09 21.51.54.png

愛はズボーンは大阪のバンドなんだって。最初、ロボットの被り物で出てきて、マンウィズがこんなの流行らせちゃったのかな〜って思った。中身に自信があるみたいで、一曲目で全部脱いじゃったけど。いろいろ楽しませようと工夫してるバンドだった。ギター二人がフロントマン的な感じ。でもギターの音色の印象は薄くて、ドラムの印象のが強かったかな。持ち時間50分と言ってたから、けっこうしっかりやられました。

んで、転換にご本人たちも登場。みんなキャーとか言わないのね。すかしてないで、澤く〜ん!とか叫べばいいのに。んで仕切り直して登場。タイミング合わせるのに三人が客席に背を向けてドラムを見つめてる姿が美しくて感動したわ♡

ほぼ新譜の曲。でも全部はできなかったのかな。Twitterでの投票企画は「オンボロな紙のはさみ」だった。とっても盛り上がったし、とてもよかった。Dark Night, Spot Light、恋するハイウェイ、涙のふたり、LIFE IS A MIRACLEとか。「飲みに行こう」では大知くんからの振り付け指導があって面白かった。けど、この曲、山崎まさよしの曲に似てないかな〜タイトル思い出せない。。本編は「海沿いの街」で終了。

アンコールは元気のある酔っぱらい(?)の人が「『アンコール!』って言おうよ〜」とか言って若干盛りあげかけたけど、いつもの感じで。けーちゃんが物販宣伝担当で、タオルは千鳥格子をイメージしたのですって。わかる〜。マステは大知くんも澤くんも使ったことないって。そんな澤くんが好きよ。女子アイテムだもんね。がっちゃんはきっと制作に使うよね。画材屋さんで売ってる方ので。「低粘着」って言ってた。「また会おう」と「ピーチパンク」で終わりだったかな。

新譜ができて自信がついたって、大知くんが言ってた。こんなカッコいいアルバム作ることができたって。もっともっとカッコよくなって大きくなって、面白いことをしたいので、みんなも自信をもってついてきてくれ!って♡了解っす。

物販を少しシバイて、速攻で帰ってきた。ライブの後に5ショット撮影会が行われたようなので、もうひと盛り上がりしたかな?
澤ギター楽しかったし、元気出た。澤くん、いつもありがとう。感謝しています。

DEiT TOUR 2017 マリンメッセ福岡(8ガウ) [MAN WITH A MISSION]

もうさ〜オオカミさんたち人気ありすぎて、ZEPP OSAKA BAYSIDEのチケットが全然当たらないんだもん。土曜日だし、マリンメッセ福岡まで行ってきた〜。

DEiT_fukuoka4.jpg
吉井さんのソロかイエモンでしか来たことなかったマリンメッセ。いつも誰かと一緒だったから、今回は一人で博多から行って帰れるか不安だったわ〜。臨時バスでサクッといけたけど。節約してタクシーに乗らなかった私を誉める。

んで、新幹線に乗って遠征なのに、ワンマンじゃなくタイバンなの。BIGMAMAですって。前に802イベントで9mm見に行った時に出てたけど、見ずに帰ってきたバンドだ。第九で始まった。第九をアレンジした曲なのかな?三曲目は白鳥の湖がアレンジされてて(ドラムつきの白鳥の湖はナカナカよかった)、9mmの「どうにもとまらない」を思い出した。ギターとドラムの人がカッコよかった。バイオリンの女の子はビミョウかな(女子にはキビシイからw)。ボーカルくんは、性格的にアタシと合わないと思った。いつも書くけど、初対面からいろいろ頼み事(声出せとか手を挙げろとかタオル回せとか跳べとか)されるのって、ちょっと引いちゃうよね。んで、アタシだけでなくそーゆーヒトが多いから残念な感じになってしまうのね。んで「ぜんぜん聴こえねーぞー」とか言わずに「アリガト」「いいバンドにはいいファンがついてる」とか客におもねるようなこと言うのね。アタシは反対意見。マンウィズのファンにもいい人もいれば悪い人もいる。BIGMAMAのファンもそうなんじゃない?人を何かのグループ分けにして、それにトンチンカンなレッテル貼るのは差別やイジメや戦争に繋がっていくんじゃない?

DEiT_fukuoka1.jpg
YES!!

んで、マンウィズさんです。事前にセットリストをチェックしてたのの、ほぼその通り。今まで一番数多く行ってたライブが9mmで、9mmのセットリストはとてもよく変わるので、固定したセットリストで二曲くらいが日替わり、というのに慣れなくて、へえ〜ふぅ〜んって感じ。
で、事前にセトリ見て持ってないアルバム「Tales of Purefly」と「Take What U Want」をダウンロードで買って予習したのだけど、1曲シラナイ曲あった。「Tales of Purefly」の予習からハズしてた曲だったw
マンウィズさんは完全顔ファンなので、ハズカシイ感じにさえならなければ、ライブに行って騒げたらそれで楽しいし、充分。SNSではそんな感じで、とくに苦言を呈する必要もないかな〜と思ってるのだけど、なんとなく予定調和というか可もなく不可もないライブだったかな、とブログには書いちゃうw

DEiT_fukuoka2.jpg
タイアップ、ついてます♪

ワンオクの横浜スタジアムに行った時に、期待通りだけど期待を上回るライブでなくて(いつも期待を上回ってたから)肩すかしな気分になったのだけど、ソレと似てる。想像した通りのマンウィズさんで、それ以上でなくて、オドロキがなかったな〜。ワンオクはその次の年のホールツアーで城ホで期待を上回るライブをやってくれたのでアレだけど、マンウィズさんはどうかな?
この間のアレキのZEPPも、期待をずっと上回るライブでトリプルアンコールまであって、誰にも文句を言わせない内容、ライブで、完膚なきまでに叩きのめされた(?)感じ?終わった後1mmも体力残ってなくて出し切って、爽快だったもんね。
マンウィズさんは、年もくってるオジサンバンドだし、必死に何かっていうより老獪さを持ちながら戦略を立てて飽きさせずにやっていく、って感じなのかな。顔ファンなんで、目の前に来てくれた〜とか、タナパイステップ格好いい♡とかで充分楽しいんだけど、オモシロ動画も楽しいんだけど、音楽的にも違う景色を見せてくれたらうれしいな、って思う。まぁアプローチはバンドそれぞれだし、シングル発売ツアーだし、こんなものかと言えばこんなものかもしれない。

ワタクシ的には、目の前にタナパイ来てくれて、「Fly Again」と「Get Off My Way」の振り指導をしてくれたのがたまらなく萌え♡でした。それに楽曲もほぼアタマに入ったので、ちゃんと歌や演奏を楽しめた(Mush UpDJの冒頭の効果音、違うとこで鳴ってなかった?)。お約束的なこと(ここで手拍子、とか、ガウ!とかw)もできるようになってきて。
「Fly Again」のときに特効で銀テープが舞ったんだけど、若いコはアレがすごく好きなのね。必死に取ろうとしてあさましい感じがする。んで、みんながアレが欲しくてしかたがないと思っているから、たくさん取れたコがまわりに分配してくれるのね(優しいっちゃ優しい)。んで、私にもいただけるので、持って帰ってきた。そんなにありがたいものなら…と一応しまってある。
(ついでに)もう一つ不思議なことに、若いコはなんであんなにラバーバンドがほしいの?輪ゴムの大親分みたいなもの?1個500円だっていうから、バカジャネエノ!?って思った。元価いくらなんやろ。でも早朝から並んで、買えた!とか、売り切れた!とかやってるのね。いい大人の人が「みんな買えるように」とか公式にリプしてたりして。学生の時にクリスマス時期のおもちゃ売り場でバイトしてて、人気商品が品切れで買えないって、売り場でオバアちゃんがブチ切れしてたことがあった。いくら怒ったってメーカー在庫切れなんだし、生命に関わるものでもないんだし、「我慢しようね」って子どもを諭さないといけない立場なんじゃないの?と思うけど、孫に「バアちゃんがサンタさんに頼んだげる!まかしとき!」くらい言ったんかな。これもあさましい感じがしたな。

DEiT_fukuoka3.jpg
FWAMブース。サイン入り戦闘服。マンウィズのコンセプトワークは誰がしたんかな?頭はオオカミで、衣裳はシンプルですべてタイアップ。それでクローズアップされる部分が他のアーティストと違うから、違った感慨・感情を人に呼び起こさせるのよね〜。まんまとハマったわ〜。

アンコール前に緊急告知として「狼大全集V」発売と東名阪の追加公演とヨーロッパツアーの発表がありました。ヨーロッパは関係ないな〜。東京は新木場スタジオコースト。久しく行ってないので、行ってみたいけど。。ちょっと難しそう。
アンコールのコールは「ヤキニク」。二曲やっておしまい。楽しかった。ミーハーに徹してタナカ愛を飛ばしてきた♡
メッセージを送る