So-net無料ブログ作成
検索選択
その他ライブ ブログトップ
前の10件 | -

和田唱×山崎まさよし presents ヤマショウのマーチ [その他ライブ]

yamasyou.jpg

和田くんと山崎まさよしがナンかやる、大阪にも来ると聞いて、行く気満々、ところがハコがクアトロと聞いて、ほぼファンクラブで埋まってしまうだろうし、無理!と思って諦めかけていたところ、Sさんが一般で取ってくれたのよね〜プラチナチケット!

最近はトライセラの恩恵すっかり蒙って、ワダショワールドにデレデレですけど、その昔、ワタクシはテレビドラマ「奇跡の人」にドハマリして、「アレルギーの特効薬」「HOME」「ドミノ」なんかをよく聞いていたんですよね。その時はCDで聴くだけで、ライブには行ったことなかったので、本日が初生まさやんでした!

続きを読む


mudy on the 昨晩に滝P期間限定加入!のライブ [その他ライブ]

ムー昨は、残響が注目された時に、People In The Boxとかcinema staffとかと聴いて、面白いな、と思ってたので、滝くんがアルバムプロデュースとか一時加入してライブもやっちゃう、とか楽しみにしてました(息子じゃなくなるといろんな活動も寛容に)。「Zyacalanda」も買いましたよ。特典で付いてた号外のパロディみたいなのに、すっごい売れてるバンドマン目線での発言が載ってて、ちょっと引いたわ。冗談のつもりなのかな…。冗談にしたら中途半端な売れ具合だし…。

mudy0001.jpg
昨スポ新聞とツアーのリーフレット

んで、心斎橋JANUSでのKing Brothersとの対バンです。
mudy on the 昨晩 "Zyacalanda" release tour 2012「もしもしツアーズ〜対話編〜」
代官山UNITに行けなかった時に、同僚から「キンブラかっこいいよ」と、9mmよりイイ的な話を聞いてたので、とっても楽しみにしてたんですよね〜。



続きを読む


とにかく新鮮!ONE OK ROCK at なんば Hatch [その他ライブ]

少し前に書いた通り、シゴトのストレスをなかなか上手に浄化してくれると、最近気に入って聴いていたワンオク、なぬ〜9mmと対バン!?行く行く、絶対行く!と思ったのも束の間、一年に一日だけ「オマエこの日だけは気合い入れてガシガシ働けよ!」と言われる日があったとしたら、この日でしょう、という一日に新木場でしたとさ。そりゃもう、シゴト最優先ですから、きっぱりさっぱり諦めて、んで、未練がましくツアースケジュールを眺めていたら、おお、なんばHatch!しかも二日目は、バカ滝インフル騒ぎで激怒していたアタシを笑かしてくれたcrossfaithやないかい〜。アルバム二枚もってる。これは速攻で取らにゃあ〜!で、チケットゲット。このライブを楽しみに、ヘンタイじみたシゴトをコツコツとしておりましたよ〜。

やっぱりね、新鮮でさぁね。行き馴れたライブも楽しいですけど、超イントロ、ドンで曲がわかるようなのめり込みぶりで来た分、もうその暴れ方、その回し方、歯の食いしばり様、もう見た見た〜みたいになっちゃうしねー。おっさんの方は老獪だから、新鮮さをきちんと放り込んでくれますけどね。
んで、マンネリ中年夫婦みたいになっちゃって、別れるのもめんどくさいし、てゆうか、じゃあ若い子に食わせてもらえば?と思っても、女房思うほど亭主もてもせず、で、なかなか新しいファンがつかなかったり。馴れた音も心地よいですしね。

なんか、前置きがめっちゃ長くなったけど、そのライブが今日でした。
ONE OK ROCK 2012 "Start Walking The World Tour"
十代の気分で行ってきました♪

もちろん、CROSSFAITHから。お久しぶり〜。ホント面白いよね。ちょっとアタリみたいな雰囲気。→個別の曲の識別ができないんだけど、全体に面白くて、全体に大騒ぎなとこが似てませんか?ただ、なんかフロアへの頼み事が多いライブスタイルに変わってて、「みんなでジャンプ」とか「全員手を挙げてくれ」とか、手を叩けやら、1時間のライブで、10回以上のなんらかのリクエストがきたよ。キモチは十代でも、膝は四十越えてるもんで、はじめからだいぶヤバかったんで、屈伸運動でお茶濁して来ました。前のライブの恩がなかったら、やってないよ、もう〜。

んで、真打ち登場♪登場SEはなんか変わった感じだった。一曲目は「アンサイズニア」。最初に覚えた曲だ。カモンカモ〜ン♪っていうやつね。立て続けに盛り上がる曲で、「Re:make」も最初の方でやった。この曲、大好きで、会社でイラっとすることあると、昼休みやおつかいに出たついでに聴いて、精神のクールダウンをはかるのよ。「あ〜いきゃんびぃりぃ〜びにゃ〜」ってサビのトコをいつも歌ってます。したら、周りの子たちも同じ気持ちらしく、エグイ合唱具合で、だったら、アタシも歌っていいかな?と歌ってきました。
takaのMC初めて聞いた〜。普段の声も高いのね〜。んで「この段階で昨日より負けてんぞ!」とか「まだまだ〜」みたいにめっちゃ煽ってて可愛いのよ。写真より、ライブで動いてる方が可愛かった。新木場に行ったYちゃんから、ダイバーあがってた、って聞いたので、いつもより後方の四柵目の柵前に陣取ってたら、ちょうどそこが境界線になって、アタシの前は広大な荒波状態でした。9mmの時は1〜3列目くらいにいるから後ろがどうなってたかわからない。「Pierce」は披露宴ソングみたいでヤなので棒立ちで、「C.h.a.o.s.m.y.t.h」は、友達を思って作った曲だけど、このツアーを機に、もっと普遍的な感じで歌って行く、ってなことを言ってた。ワンオクはエモいよねー。この後からまた盛り上がりコーナー。takaの煽りも手伝って、荒波はぐっちゃぐちゃになってました。本編最後は「完全感覚Dreamer」で、アンコールは「キミシダイ列車」かな。二曲知らない曲があった。一曲カバー曲があったけど、これもわかんなかった。有名な曲なのかも。
なんかね、思ったけど、takaの歌唱力と存在感が突き抜けてて、他のメンバーが物足りないよね。次に合う時までにもっとパワーアップしてるって言ってたけど、パワー足りてない自覚があるのやね。可哀想やけど、マネージメントの人がもっとネジ巻いたらんと、自滅しそう。ギターはパンチないし、リズム隊に華麗さや色気がないわな。ギターはもっと弦で歌って欲しいし、リズムってもう、もっと心地よくなるようなな〜。

アンコールの後、CROSSFAITHが呼び込まれて塁による記念撮影。その後、CROSSFAITHと全くタメだって聞いてビックリ。36くらいに見えるよね〜。で、オレら若いバンドが上の世代のバンドを押し上げて、もっと上に行く、的なことを言って、上を蹴り上げるジェスチャーをしたのよね♪負けん気が強くてビッグマウスなの、とってもいいわ。すべてを蹴落とす感じでやってもらいたいわ。すごく新鮮だったし盛り上がって楽しかった。もっと聴きたかったな〜。

EGG BRAIN'S THIS IS NOT レコ発〜ONEMAN SHOW TOUR〜 [その他ライブ]

「NOTレコ発」ツアーだから慣れ親しんだ曲ばかり!?いえいえ、新曲もありました〜。11月に音源発売ですって。ライブで聴いた感じでは、とっても良かったので楽しみ♪

会場は十三ファンダンゴ。電車に乗ると微妙に遠回りというか、行きにくくて敬遠してたんですが、思い切って自転車ででかけてみたら、20分弱くらいで着いて、いい感じ!!まわりは風俗店ばっかりだけど、中はキャパ300人くらいの、いかにもライブハウスって雰囲気のハコで気に入りました☆

案の定、はじまったらダイバー続出なんで、壁にへばりつくようにして、EGGは楽しい曲ばっかりなんで、一緒に盛り上がってきました。ジョーイくんのビッグスマイルも近くで見れてシアワセ気分。スタートからノンストップで10曲くらいやったよ〜。やっぱり若い人は体力あるね。MCは少なめで、怒濤の演奏で大変満足しました。

以前のライブで自分たちの事を「クソガキ」って言ってて、確かにやんちゃ坊主みたいな曲ばっかりだし、そんな単純でノー天気な感じがとっても好きなんですよね。でもベースの田畑が(←なんて呼んでいいのかわからん。ファンのヒトは何て呼んでるんだろー)「楽しいことやってても、続けてると、苦しいこととかあって」とMCで言ってて、単純でノー天気でなくなってきたときがEGGの正念場のような気がするなぁ。

田畑のMCは、ライブにしては理路整然としすぎているかな〜。もうちょっと自分を見失うくらいの方が客席を巻き込めるかも。対してジョーイくんは、今日はほとんど英語だった。ちょっと英語の先生みたい。簡単な単語ばっかりだからよくわかるのでオモシロかったし、田畑のソレへのツッコミはお上手♪ウッチーはアンコールでちょっと喋ったの、間合いとかいい感じでよかった〜。
すんげぇウザいファンがいて(ヒーセによく似たヘンなオトコ)、最悪だったんだけど、うまくスルーしてた。アンコールのときも「タ・マ・ゴ」コールしたりして、メンバーみんなイヤがってるのに…。ジョーイくんも「I hate TAMAGO」って言ってた。イヤだって意思表示してるのにやっちゃダメだよね。大阪のEGGファンは、これから客席にヒーセに似たウザいやつをみかけたら、「おマエ、だっせ〜」っていう空気を出して疎外してやりましょう♪ライブに来なくなるといいのになー。

EGG BRAINはヨソの子なんで、気楽にライブに参加できるところが楽しい♪つまり9mmさんに求めていることとは全然違うんです。私も思い詰めてばかりだと疲れるし(^^;;
でも11月のアルバムは、さらにグレードアップしたものになるように期待してます。

RED LINE 2010でいろんなヒトを見てきました☆ [その他ライブ]

EGG BRAINが関西でライブやるときは、一応、行っておこうかな、とチケット取って行ってみました。梅田シャングリラ、初めて。梅田スカイビルの近くで、駅からは少し遠いですが、シャンデリアが前方にぶら下がってて、こじんまりしてキレイなハコ。250人〜300人くらいのキャパかなぁ。居心地もいい感じでした。今年からはじまったRED LINEっていうイベントの初日です。

会社帰りに行ったので、18:00スタートのO.A.は間に合わず、途中から入ろうとしたら満員で、あら〜と思ったら、前方がスカスカで、後ろが混んでいるもよう。「月光」だか「ルナシー」だかいうキワモノ的なバンドがすべりまくっていたようで、とっても「!」なスタートでした。

休憩で、無事中に入れたら、スカスカ。チケットあんまり売れなかったようで、100人チョイくらいの感じ。千葉のバンド「SHENKY GUNS」。ギターが二人いる五人編成で、10-FEETを薄くしてホルモンをちょっと足して、Northen 19ぽい感じもあるかな〜。関西ではあんまりなじみがないようで、ファンが三人くらいで寂しかったかな。特に、ライブの運びが、「みんなで」系なので、余計に。MCとかはお上手で、笑いも取れてて、お客さんも好意的に見ていたので、この場はとりあえず「ライブを見てもらう」に徹したら良かったのにな、と思いました。

次は「UPLIFT SPICE」。楽器の調整時にドラムが格好いいな〜と楽しみにしていたら、ボーカルがあんまりキレイでない女の子で(ナヲちゃん系になるのかな〜)、楽器の音に負けて声がよく聴こえなくて(やっぱり音のバランスって大事ですよね)残念だった。今日MySpaceの動画見たら、全然違ってるし。ライブでの再現性、向上して欲しいですね。新曲は相川七瀬みたいな曲だった。

だんだん前方にもヒトが増えてきて、Tシャツ着ているファンも多い「HEY-SMITH」です。当日配られたインフォに「BIG CAT 満員」とか「京都大作戦、FUJI ROCK FES.にも出演」とか書いてあって期待してたら、…。管楽器が編成に入っているのが特徴なのかな?次にどこかで流れてるのを聞いても、気づかない気がした。あと、中学の英語の授業みたいなカタカナ英語の歌もイヤだったかな。ロゴは可愛い。あと、メンバーはみんなあと二歩くらいでカッコイイ感じ。ライブはじまりから上半身ハダカで出てくるのは行儀が悪い。途中でジョーイ君がコーラスに乱入とかして盛り上げてました。

トリはEGG BRAINです。ワンマンの時より肩の力が抜けて、演奏も良かったような気がした。ウッチードラムもドスドスしてなかったし。ジョーイ君は時々聞いたことないメロディーを歌っていたけれども。変わらず、ハッピーでやんちゃな感じにとっても楽しめました。「SEVENTEEN」はじまりで終わり。EGGのライブはいつもソールドアウトしていなくて残念。もっと売れたらいいのにな〜。懐かしい感じのメロディーラインなので、中年のヒトにもおすすめなんですよ。

------
さてさて、ライブハウスは四十デビューの私なんで、行きなれているひとには珍しくないことでも私には珍しいんですよね。いつもは柵前あたりにいるのでよくわからなかった後ろの事情がいろいろわかって面白かった。
HEY-SMITHからサークルモッシュがすごくて、空いているから、吹き飛ばされて転倒しているコもチラホラいた。ダイブはフツーにできるほどじゃないので、胴上げみたいにみんなで集まって協力して上げる感じ。やられたあとの仁木弾正みたいなんです。今回驚いたのは、一旦ステージに上がって(ボーカルとベースの間とかで)万歳とかアピールしてからダイブする光景が何度かあったこと。何の芸もない、ぱっと見も大したことないアンちゃんの姿をみせられるのは辛かったです。EGGの時は、スタッフが止めてました。かいくぐってやられてたけど。ステージに立ちたいなら自分でバンド組めばいいのにね。あと、ほっしゃんによく似た男子が携帯でステージを撮影してて、これもスタッフに止められてて、スタッフも大変だな〜って思いました。
若いコばかりかと思ったら、オバサン(アラフォー?)も来てて、タンクトップにジーンズの着こなしがRIKAKOっぽくて、若ぶってても昭和な感じをまき散らしてて、アタシはどすこい系なのでタンクトップは無理ですけど、やっぱり昭和感を漂わせているのだろうな〜と思いました。

会場は空いていて、ビール飲みながらライブ見られるくらいで、ラクラクでした。行き帰りで汗かいたかなぁ。

EGG BRAIN TOUR 2010 "THE NEXT 20-MILES CLOUD" ファイナル!BIGCAT [その他ライブ]

5月の神戸スタークラブの帰りに取ったチケット、ずっと先だと思ってたのに、今日でした!完売してないのが残念でしたが、学生さんと思しき人々でいっぱいです。男子のが多い感じ。整理番号もはやかったし、なるべくはじっこの柵前に陣取りました。
EGG BRAINの曲はすべてタイトルを知らないので、もうセットリストを書きようがないですね〜。まず4、5曲やって、MC。ツアーファイナルを迎えられて感謝、的なお話です。ジョーイくんのニッコニコのビッグスマイルが大好きなので、それに癒されようという魂胆ですが、EGGさんたちも、自分達も客席もいい笑顔でいられるライブ、というのをテーマにされているようなので、一致しております☆
ワンマンなので、昔の曲もいっぱいやる、ということで、「So Far, So Good」と「THE NEXT 20-MILE CLOUD」しか聴き込んでない私は知らない曲がいくつかありました。
ジョーイくんはメインでMCをするし、ウッチーはブログを書いているからアレなんですが、ベースのヒトはちょっと怖そうかも…と思ってました。今日話したEGG追っかけの方によると、きさくでとても優しい、とのことなので、単純なんで、コワくないんだ〜と急に親近感覚えて、上手にベース弾きにきてくれたら大歓迎しておりました♪
ウッチーは思ってたよりドスドスドラムで(アニーよりヒドイ)、肘にサポーターとかつけてるし、体へのダメージも多そうで、もうちょっと奏法に工夫がいるのでは、と素人ながら思いました。ドスドスが個性だとしても、あと20%くらい軽やかで良いんじゃないかと。
そして、ジョーイくんは歌の音程が不安定なんですね。特に歌い出し。シラナイ曲かと思ったら、サビまできてわかったりして。基本、歌は伸びやかでお上手なので、ギターとの両立が難しいのかも。タイヘンだろうけど、次の20マイルのために努力してね、って思いました。

…とまぁ色々思うことはあっても総じてライブは超ハッピーで楽しめました♪息子じゃないので、無責任に楽しめる。ジョーイくんはツアーに出ると、家族のことを思うそうで、北海道にいるとき、「寒い?」ってオカンからメールがきて、「5月にしては寒いかな」とか返したけど、めっちゃうれしかったって(カワイイ)。オトンはツアーに出るときいつもおこづかいをくれて「これでうまいもんでも食いなはれ」って、英語で言うんだって。なんかオモシロイですね。
EGGもお約束の合唱どころがあって、大きな声で歌うと「ワンダフ〜」と言ってもらえました♪タクローくんは「オ〜ケ〜ィ」でしたね。

ツアーは終わっちゃったけど、また10月には何かしらリリースされるようなので、またライブありそう。遠征は無理ですが、地元に来られたらきっと行きますね☆

EGG BRAIN TOUR 2010 "THE NEXT 20-MILES CLOUD" 神戸スタークラブ [その他ライブ]

イベントで何度か観て、元気なライブに好感で、新譜も買って
その発売ツアーの対バン最終日に行ってきました。
ずっと残業&休日出勤で、この日も会社から駆けつけたわけですが
!!!???EGG BRAINが全然出て来ない。
最前列で(はじっこだけども)スタンバってるのに
まず出て来たのはNUGGET(ナゲット)。
学生バンドのちょい先輩くらいの感じの3ピース。
ベースがジャニ系でプレイも可愛い感じ。
ギターはメガネで、後でクラウドサーフに参加してた。
で、次がRIZING 2 END。最初、EGG BRAINかと思ったのよね〜
ギターのコがフードかぶってセッティングしてて、背格好とか似てるし
EGG BRAINのTシャツとか着てるし。…足にイレズミがない!
で、気付きました。わりと盛り上がって楽しかった。
んで、次がEGG BRAIN?と思ったら
、太鼓腹でサングラスのオジサンがセッティング。
…SHACHIってバンドでした。
人気あるみたいでここからぐ〜っと客席が詰まってきた。
ギターは太鼓腹で、ベースはリーゼントだった…。
O嬢が一緒だったら「ありえへん」と激怒していたと思う。
でも今年に解散するそうで(盛り下がるね〜)バンド続けるのも難しいですね。

神戸スタークラブは9mmのVAMPIRE EMPIRE TOUR以来だったので、
いろいろ思い出しては萌え〜でした。
縦長の妙な空間で、私は滝ギターの記憶しかなくて。
(滝ちゃんに阻まれて、他に何も見えなかった)

次がやっとEGG BRAINで
(ジョーイ君やウッチーが時々ライブ観に出てきてたけど)
この段階で体力使い果たしてる…。
一週間前のハナシなので、曲とか殆ど覚えてません!
SHACHIはクソガキのハナタレバンドの時対バンした先輩バンドで
RIZING 2 ENDはほぼ同期の友達バンド、
NUGGETは可愛い後輩バンドだそうです。
シラナイ曲も2曲くらいあったけど
あとは知ってる曲で脳内でいろいろ補足して楽しく聴けました。
もうちっと演奏が良くなるといいなぁ。
音響良くないかもなぁ。
元気出る曲ばっかりだし、歌えるトコは一緒に歌って楽しんできました。
ジョーイ君のものすごい大口(ぜったい拳入るよね!)の笑顔がチャーミングで
帰りの電車で、BIG CATのチケット取っちゃった。
ベースとドラムが仲悪そうだったな。
ウッチーガンバレ!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

HEEFEST 2010 [その他ライブ]

元ザ・イエローモンキーのベーシストヒーセこと広瀬洋一のお誕生日イベント、HEEFEST 2010に行ってきました。今年は早々から吉井和哉の参加が発表されてて、イエモン大好きな昔のお嬢さんがたくさん参戦なさるでしょう〜と思っていたら、「溺愛なう。」の9mm滝ちゃんがお出になるというので、急遽取ったチケット、はぁ見事に裏切られて、インフルエンザで出演キャンセル。代役は黒猫の澤くんと9mmタクロー。も〜行かんとこかな〜とかも思ったのですが、吉井さんが見られるのはやっぱり行っときたいな〜って出かけたんですよ。

2010年4月18日ラブホ街のど真ん中、渋谷 O-EAST。17:00開演で、22:00過ぎに終演で、その間ずっと立ちっぱなしで辛かった…。
公式にセットリストが出てたのでコピペさせていただきます。

THE YELLOW MONKEY
1:LOVE COMMUNICATION [Vo.志磨さん、G.澤さん]
2:A HENな飴玉 [Vo.志磨さん、G.澤さん]
3:甘い経験 [Vo.志磨さん、G.澤さん]
4:Romantist Taste [Vo.吉井さん、G.菅原さん]
5:HOTEL宇宙船 [Vo.吉井さん、G.澤さん]
6:SUCK OF LIFE [Vo.吉井さん、G.澤さん]
7:アバンギャルドで行こうよ [Vo.吉井さん、G.菅原さん]

どうですか?このセットリスト?「神」じゃないですか?イエローモンキーファンには垂涎ものの良いところをついてると思いませんか???この7曲を滝善充がヘンタイ爆弾ぶっ込んで弾くはずだったんですよう。アタシが落ち込まないハズないと思いませんかぁ〜あ〜ぁ〜!しかもこのセトリは吉井さんが考えたと言うのですから、これはヨッシーがメチャクチャ滝ちゃんに期待してたってことじゃない!?←何でも滝中心主義。SUCK OF LIFEを投下したってことは、ステージで滝ちゃんにイヤラシイことをしてしまおうというエロおやじの魂胆みえみえですわよ!
ところがですねぇ〜、実際は黒猫の澤くんがオヤジにちょっと絡まれてて。このギターがまた案外ヤルのよ。もっと準備時間があったらいろいろぶっ込んできそうな若いのに図々しいギタリストでした。←完全に褒めてる。澤くんがいいところを見せると、倅の手柄を横取りされた気になってイライラしました。金時人参みたいなヘンなパンツはいててザマーミロで、吉井さんからも「スゲーパンツ」とか突っ込まれてるのに褒められたと勘違いして「頑張ってます」的な返しで、このギターは大成すると思ったな。バクホン松田なんかとってもおとなしそうに見えたよ〜。普段の元気はどこへ〜?
タクローくんが出てきてくれたので、ちょっと滝のニオイを感じて癒されました(アタシは忠犬ハチ公か?)。Tシャツに少し光沢のあるジャケット、スカーフ巻いて、普段より少しおめかしな感じです。タクローくんは純粋にギタリストってわけじゃないので、ギタリストとしての存在感は薄いんですが、9mmのフロントマンですから、そりゃそれなりのオーラは放ってまして、いくら澤くんが巧くてもステージ上での存在感が違います(それを言うなら吉井さんなんですけどね。燦然とギラギラと存在してましたよ)。ちょっと緊張してたみたいなので、猛烈に手を振って、いつもの観客と一緒だよ、とアピールしました。公式やヒーセブログに大丈夫、大丈夫と書かれていたので、それって、ダイジョブじゃないってことだよねーと思ってたアタシはドキドキ拝見しておったのですが、かなり格好よい仕上がりだったと思います。うまくいってほっとしたのか、最後は自分でアタマをモジャモジャーってしてました。9mmライブでは何も言わないんですが、ことがことだけに、それにイエモンファン流儀でいえば絶叫したほうがアーティストは喜ぶ、って作法なんで、「タクロー!!」と叫んで参りやした☆
んで、滝不在の5時間をギター正面最前列で過ごし、人生の不条理を体感して帰ってきました。まだかなり傷心なのと、細かいことはツィートしちゃったんで今回はこの辺でご勘弁を。アタシも早く元気出します。

Northern 19 SMILE TOUR 2010 京都MUSE [その他ライブ]

さっき、京都から帰って来て、いかり豆をアテにビール飲みながら
ブログ更新してます。
2ndの「FROM HERE TO EVERYWHERE」が好きで
3rdの「SMILE」にガッカリしたんだけど、
ライブに行ってみたいと思ってチケット取ったんですよね〜。
なんで大阪でやらへんねん!?と京都のチケ取ったんですが
後からBIGCAT決まったんですよね〜はよ言えよ。

定時ダッシュで、時々バカ滝のことを思い出しては激怒しつつ京都に向かい
7時ちょいすぎ、CROSSFAITHがはじまってスグぐらいに入場。
空いてるねぇ〜。とりあえずコート脱いで荷物をまとめて横のベンチへ。
ぜったいヤル気ない〜って格好できて(だってグレてるし)
興味本位で拝見しますと、面白い〜結構好きなタイプですっ!!
ニカニカしながらライブ楽しんでました〜
大阪のバンドだって〜またライブ行きたいな〜
初めて聞く曲でも全然楽しかったよ〜。
ホルモン・ダイスケはんの別バンドみたいな感じ。
Voの人が近いうちに喉潰しそうに思ったな。
Tシャツ、欲しい色がサイズなかったんで残念…。
物販買ってあげたかったんですけど。

そしてO嬢に田舎臭いと言われたNorthern 19の登場です。
なんでしょうね、この足踏み感。
好きなんですけど、2ndで「FROM HERE TO EVERYWHERE」やったら
「SMILE」はこのレベルじゃアカンやろ!?って思います。
曲はみんな聴いてるから、CROSSFAITHより楽しめるハズなのに
退屈感が否めない。もしノーザンがみんな23くらいで
今のライブなら絶賛の嵐で、多少の演奏うんぬんや
歌唱の単調さも、のびしろとして捉えて、
プラス要素のみを深く楽しく感じることができるライブだと思うけど
27で、これ?ファイナル新木場ワンマン!?
(アツいとこもあって楽しいとこもあったけど)
人ごとなのに焦燥感が先に立ったよ〜。
アカ〜ン!今のままじゃあかん!もっとよくなれるハズ!
音楽を馬鹿にしたらあかん。突き詰めるとこをもっと突き詰めて
自由で楽しいところは保持しつつ〜〜も〜〜〜期待を裏切っちゃダメ!!
バックドロップの余白のバランスの悪さにもイラっときて
そーゆーとこも大事やぞ、とキム兄みたいになった京都の夜なのでした。

BUS TRIP vol.6 で幸せのギター探し [その他ライブ]

新木場でもらったチラシを見ていたら、EGG BRAINが江坂のライブハウスに来るというので、ふぅ〜ん!と、WEBで予約して行ってきました。9mmさんのライブがまだ先なので、滝くんの代わりに私を幸せにしてくれるギター探しです。会場のESAKA MUSEは、十年間、会社帰りに買い物していたスーパーのすぐ近所。PANのVoは「オレらここから原チャリで10分で家に帰れる」って言ってましたが、私は自転車で5分で帰れてました。なのに、その十年間には行ったことなかったです。引っ越してから行く事になりました。

4時半頃着いたら、ガラガラで、小さいハコ!教室みたい?最終的には100人くらいは入ってましたが、人を呼ぶって難しいんですね。タイムテーブルは非公開ということで、最初に出てきたバンドがMCの滑舌悪くて、何てバンドかわからなくて、「?」ってなってたら、チケットにOpening Act はLIGHT OUTだって書いてありました…。こんな大きなトコロでできて嬉しい、って。なかなか真面目そうなよいライブでした。

次はTHE SKIPPERSで、出囃子B'zでしたっけ?モッシュやダイブ(結構空いているからダイブないかと思ったら、胴上げみたいに力技であげちゃうのね。んで客席に沈んで行く)も結構あって盛り上がってました。みんな同じ曲に聴こえるけど、これも割と好き。

EGG BRAINは三番目に登場。一応、曲聴いとこうかなぁと思って、昨日、タワレコで「So Far, So Good」買って聴いてたんだけど、CDはイマイチ。エルレを明るくして繊細さを失くしたような。ライブの方が良かったです。幸せのギターを探しに来たのに、なぜか中盤までずっと3ピースバンドで、ギター弾きながらボーカルなので、なんかこうサービスも足らないし、もっとガシガシ弾けよ!と思うのにままならないんですが、なかではジョーイくんがサービス精神に溢れてていい感じ。ただ、私の好みからすれば、ちょっと見た目がデカ過ぎる?今回知ったんですがドラムはサポートで、SUNSET BUSのウッチーだそうです。

四番目に登場したPANが四人編成ですが(結局ここ以外みんな3ピース)、ギターの容姿がタイブじゃなかった。…でもVoの喋りとか達者で(TAKUMAみたいなの)曲も良くて、一番楽しかったです。吹田にお住まいとかで、18の時に、コーヨー(ハコの近所の食品スーパー)に就職したのに三ヶ月で辞めちゃったんですって。12年前の話。アタシその時、江坂の駅前の会社に勤めてたんですけど。ニアミスしてたかしら〜。

そのつぎがハカイハヤブサで、なんか年長さんです。私はいつものように上手におったのですが、ギターが下手にいてて、楽器はカッコイイけど、持っている人がキモチワルイ。んで、年食っているからか、ワビサビというか、物悲しいというか、JAPANの山崎ならブルースがあるというのかもしれないけど、私はヤだった。

んで、次がEASY GRIP。Vo&Gが古田新太と妖怪人間のベロを足して二で割ったみたいな風貌。曲の感じとかは好きな部類だけど、個性がないというか、独自性が薄いというか。みんな器用過ぎてだめなのかな。いいフレーズとかっこいいリズムとかなんとなくできちゃう、みたいな。

トリが、今回のイベントの主催のSUNSET BUS。ちょっとレゲエっぽい?みなさんお酒が好きみたいで、ベースの人が失敗談を語っていました。心斎橋のシャネルのとこで寝ていたら、カバンから財布から自転車他みんな取られたとか。ドラムのウッチー、頑張って叩いていい感じでしたが、みんなから「いい人」って慕われているようで、大変そう。アンコールして、10時半ごろ終演。

いつも行く9mmや吉井さんのライブ会場とは随分趣きが違う(人の数や熱狂ぶりとか)ので面白かったです。出番終わった人とか次々にフロアに降りてきて(ジョーイはいなかったけど)。ひとつを除いて、だいたい好きな感じのバンドだったし、間のDJもヨカッタ!いい感じだけど、全然知らない曲ばっかだったので(エルレだけわかった…)セトリ知りたい。

帰りにグルメシティで野菜買って帰ろうとしたら、10時で閉店になってた!前は12時まで開いてたのに!いろんな店がなくなってて、新しい店がオープンしてたり。江坂も変わったなぁ。
家に帰ったら、吉井和哉の大阪城ホールが当たったとメールがあり、しかもジョシュが来てドラムを叩く(!)と吉井さんの書き込みもあり、うれしい〜♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - その他ライブ ブログトップ
メッセージを送る