So-net無料ブログ作成
検索選択
MAN WITH A MISSION ブログトップ

DEiT TOUR 2017 マリンメッセ福岡(8ガウ) [MAN WITH A MISSION]

もうさ〜オオカミさんたち人気ありすぎて、ZEPP OSAKA BAYSIDEのチケットが全然当たらないんだもん。土曜日だし、マリンメッセ福岡まで行ってきた〜。

DEiT_fukuoka4.jpg
吉井さんのソロかイエモンでしか来たことなかったマリンメッセ。いつも誰かと一緒だったから、今回は一人で博多から行って帰れるか不安だったわ〜。臨時バスでサクッといけたけど。節約してタクシーに乗らなかった私を誉める。

んで、新幹線に乗って遠征なのに、ワンマンじゃなくタイバンなの。BIGMAMAですって。前に802イベントで9mm見に行った時に出てたけど、見ずに帰ってきたバンドだ。第九で始まった。第九をアレンジした曲なのかな?三曲目は白鳥の湖がアレンジされてて(ドラムつきの白鳥の湖はナカナカよかった)、9mmの「どうにもとまらない」を思い出した。ギターとドラムの人がカッコよかった。バイオリンの女の子はビミョウかな(女子にはキビシイからw)。ボーカルくんは、性格的にアタシと合わないと思った。いつも書くけど、初対面からいろいろ頼み事(声出せとか手を挙げろとかタオル回せとか跳べとか)されるのって、ちょっと引いちゃうよね。んで、アタシだけでなくそーゆーヒトが多いから残念な感じになってしまうのね。んで「ぜんぜん聴こえねーぞー」とか言わずに「アリガト」「いいバンドにはいいファンがついてる」とか客におもねるようなこと言うのね。アタシは反対意見。マンウィズのファンにもいい人もいれば悪い人もいる。BIGMAMAのファンもそうなんじゃない?人を何かのグループ分けにして、それにトンチンカンなレッテル貼るのは差別やイジメや戦争に繋がっていくんじゃない?

DEiT_fukuoka1.jpg
YES!!

んで、マンウィズさんです。事前にセットリストをチェックしてたのの、ほぼその通り。今まで一番数多く行ってたライブが9mmで、9mmのセットリストはとてもよく変わるので、固定したセットリストで二曲くらいが日替わり、というのに慣れなくて、へえ〜ふぅ〜んって感じ。
で、事前にセトリ見て持ってないアルバム「Tales of Purefly」と「Take What U Want」をダウンロードで買って予習したのだけど、1曲シラナイ曲あった。「Tales of Purefly」の予習からハズしてた曲だったw
マンウィズさんは完全顔ファンなので、ハズカシイ感じにさえならなければ、ライブに行って騒げたらそれで楽しいし、充分。SNSではそんな感じで、とくに苦言を呈する必要もないかな〜と思ってるのだけど、なんとなく予定調和というか可もなく不可もないライブだったかな、とブログには書いちゃうw

DEiT_fukuoka2.jpg
タイアップ、ついてます♪

ワンオクの横浜スタジアムに行った時に、期待通りだけど期待を上回るライブでなくて(いつも期待を上回ってたから)肩すかしな気分になったのだけど、ソレと似てる。想像した通りのマンウィズさんで、それ以上でなくて、オドロキがなかったな〜。ワンオクはその次の年のホールツアーで城ホで期待を上回るライブをやってくれたのでアレだけど、マンウィズさんはどうかな?
この間のアレキのZEPPも、期待をずっと上回るライブでトリプルアンコールまであって、誰にも文句を言わせない内容、ライブで、完膚なきまでに叩きのめされた(?)感じ?終わった後1mmも体力残ってなくて出し切って、爽快だったもんね。
マンウィズさんは、年もくってるオジサンバンドだし、必死に何かっていうより老獪さを持ちながら戦略を立てて飽きさせずにやっていく、って感じなのかな。顔ファンなんで、目の前に来てくれた〜とか、タナパイステップ格好いい♡とかで充分楽しいんだけど、オモシロ動画も楽しいんだけど、音楽的にも違う景色を見せてくれたらうれしいな、って思う。まぁアプローチはバンドそれぞれだし、シングル発売ツアーだし、こんなものかと言えばこんなものかもしれない。

ワタクシ的には、目の前にタナパイ来てくれて、「Fly Again」と「Get Off My Way」の振り指導をしてくれたのがたまらなく萌え♡でした。それに楽曲もほぼアタマに入ったので、ちゃんと歌や演奏を楽しめた(Mush UpDJの冒頭の効果音、違うとこで鳴ってなかった?)。お約束的なこと(ここで手拍子、とか、ガウ!とかw)もできるようになってきて。
「Fly Again」のときに特効で銀テープが舞ったんだけど、若いコはアレがすごく好きなのね。必死に取ろうとしてあさましい感じがする。んで、みんながアレが欲しくてしかたがないと思っているから、たくさん取れたコがまわりに分配してくれるのね(優しいっちゃ優しい)。んで、私にもいただけるので、持って帰ってきた。そんなにありがたいものなら…と一応しまってある。
(ついでに)もう一つ不思議なことに、若いコはなんであんなにラバーバンドがほしいの?輪ゴムの大親分みたいなもの?1個500円だっていうから、バカジャネエノ!?って思った。元価いくらなんやろ。でも早朝から並んで、買えた!とか、売り切れた!とかやってるのね。いい大人の人が「みんな買えるように」とか公式にリプしてたりして。学生の時にクリスマス時期のおもちゃ売り場でバイトしてて、人気商品が品切れで買えないって、売り場でオバアちゃんがブチ切れしてたことがあった。いくら怒ったってメーカー在庫切れなんだし、生命に関わるものでもないんだし、「我慢しようね」って子どもを諭さないといけない立場なんじゃないの?と思うけど、孫に「バアちゃんがサンタさんに頼んだげる!まかしとき!」くらい言ったんかな。これもあさましい感じがしたな。

DEiT_fukuoka3.jpg
FWAMブース。サイン入り戦闘服。マンウィズのコンセプトワークは誰がしたんかな?頭はオオカミで、衣裳はシンプルですべてタイアップ。それでクローズアップされる部分が他のアーティストと違うから、違った感慨・感情を人に呼び起こさせるのよね〜。まんまとハマったわ〜。

アンコール前に緊急告知として「狼大全集V」発売と東名阪の追加公演とヨーロッパツアーの発表がありました。ヨーロッパは関係ないな〜。東京は新木場スタジオコースト。久しく行ってないので、行ってみたいけど。。ちょっと難しそう。
アンコールのコールは「ヤキニク」。二曲やっておしまい。楽しかった。ミーハーに徹してタナカ愛を飛ばしてきた♡

World's On Fire TOUR 2016 〜追加公演〜 大阪二日目(5ガウ) [MAN WITH A MISSION]

mwam_1127.jpg

私の五回目のマンウィズライブ。そして、ワンマンは初めて!
整理番号1番が当たって、ハァハァなってたら、2柵目だったの。
でも、結構前の方で、センターの花道横に陣取れたので、とってもよかった。
面白いオジサン(といっても私より随分年下)と喋ってたので
入場してからも、そんな退屈しなかった。

オープニングは、地球上で何度も愚行が繰り返されるけれど
戦いや災いの炎ではなく、希望の炎を灯しましょう
というような英語のナレーションが入りSurvivorスタート。
DatabaseとかDiveとか、結構、初っぱなから汗だくになってしまった。

MCで、来場のお礼を言う時に、ジョニさんが、「みんなの笑顔」「みんなの笑顔」
と二回言った後「みなさんのアホ面」って言ったのが面白かった。
時々スクリーンに映る客席は、とても無防備な笑顔を晒してるヒトが散見され、
ステージからこんな風景が見えているのか!=「アホ面」なのね〜。

インテックスって、音が良いイメージないけど
今回はあまり感じなかった。レーザー光線の演出もキレイだったし
ライブの内容、とても満足した。
新曲の「HEY NOW」の時、ジョニさんの指示で
サビ前にみんなでしゃがんで一斉に飛ぶ!っていうの、
合図の「四つ打つシンバルの音がよくわからなくて、不発に終わって、
会場中が苦笑い〜みたいな空気に包まれたのだけど、
それもアンコールでもう一回やって(さすがに上手くいったw)
二回聴けてお得な気分。

ライブハウスみたいに近くはないけど
ステージはよく見えて、ちょうどタナパイの後ろにリブちゃんが
隠れちゃったんだけど、タナパイ、ジョニさん、サンちゃんはよ〜く見えた。
ボイさんは、ステージの結構端にいらっしゃって、
なかなか私の視界には入ってこないの。
客席に攻め込んだりされてたみたいなんだけど。

で、花道には、サンちゃんやカミカゼも来て、
最後にタナパイも降りてきて、ちょっと触っちゃった♡
タナパイの歌はずっとズレてたね。でも、みんな大ヨロコビだった。
カミカゼは、近くで見たら、もっとカッコいいのかと思ったけど
必死の形相で、何かに追われるヒトみたいだったわ。

弾き語り前の「言い訳」は、
「みんなが来年のドッグショーにエントリーしている間に1曲歌います。」
でも、アタシ、ジョニさんがアコギでエモく歌うパターンはあんまり好きじゃない。
今回のワンダーランドも、DVDに入ってたColorsも。
そのあと、過去曲メドレーで、「フォーカスライト」いつも聴いてるから
うれしかった。
「あなたがいない世界でも笑い続けてみせるよ」って歌詞が好き。
そこまで辿り着かなかったけど。

マンウィズ動画も初めてみて
(これば、ボイさん、カッコよかった。
 そしてホットパンツマンも出てきたw)
「焼き肉」コールもした〜。
銀テも、いつもは捨てちゃうけど、なんとなく持って帰ってきた。

なんかね、タナパイは喋らないけど
(曲中は「カモン」とか「シギン」とかは言う)
とってもフロントマンだったわ〜。主役感が醸し出てた。
大好きなジャンケンちゃんは、ギターも弾いて
結構大変なパートもいっぱい歌って、MCもしてるのに
ちょっと小物感出てて、脇役な感じだった〜w 大好きだけど。

Twitterやインスタ見ていると、結構みなさん、早くから会場入りされてて
物販やブースとか、ファン同士の交流とか楽しまれているみたいですね〜。
私は二時半頃ついて、初グッズにタオルを買いまして
展示物の写真撮ったりして、募金をしまして、ライブ前のミッション終了して
コインロッカーを探しに出たのですが、さすがになくて、
また戻ってクロークに並んでいたら、募金のところに
ジャンケン様が来られたようでした。
でも結構ヒトがいっぱいだし、タナパイのツイートもあったから
あんまり欲張ってもいいことないかも、と、
その場を後にしたので、そのご褒美にタナパイに触れたのかも♡
そして、帰りのクロークもそんなに待たずに出せたのでよかった。

とっても楽しく機嫌良く帰ってきました。
またワンマンのチケット取れたらいいな〜。

アルバムリリースParty 道頓堀でフリーライブ♡(3ガウ) [MAN WITH A MISSION]

アルバム「The World’s On Fire」発売記念に、
「燃えよオオカミ~日本中ノ心ニ火ヲ灯ス!~」ということで、合い言葉は「燃えよオオカミ」。
大阪・道頓堀でフリーライブが開催されました。…おとといまで知らんかったけどw
昨日のAmebaFRESH!の特別番組(めちゃ面白かった♡)生放送中に
フリーライブ開催場所のヒントがあって。。
渋谷タワレコか代々木公園!?と勝手に思っていたら、
なんだかオオカミさんたちは、岡山とか神戸とか名古屋とか、
近畿にせまってる!?お好み焼き?
オーサカでそんなフリーライブできる場所あったっけ?

今日はTwitter情報を探して(便利で親切ね〜)、道頓堀らしい!ということでGO!
開催場所発表の2時より前なのにすごい人だかりでした。
どこにいればよいかわからず、
とにかくライトとスピーカーが設置されているところの間に場所取り。
2時になって、マンウィズのポスター貼られたり、Twitterで発表あったり。

Ca6IyFtVAAARwcN.jpg
1時間頑張った〜。客層は、若い人が多いけど、子どもから大人まで色々。ヘンな人はいなかったな〜。

15時少し前に船がやってきた。目の前よ〜!後ろ向きだけどwww
ローディーさんが調整して、そして!!!!♡メンバー登場!
すご〜い!近い!すぐ目の前にリブちゃんがいる!!面白い〜
まわりの人達もすっごく喜んでヒャアヒャアなってる♡
1曲目は「FLY AGAIN」。多分、マンウィズで一番有名な曲?
はじめはサビが好きだったけど、今ははじめの方が好き。
ズボン短い人がタナパイなの?後ろも気にして、
めちゃ振り返ってくれるのがすごくうれしかったわ♪
FLY〜 AGA〜IN、イエ〜イエオ〜のところが、
オオカミさんとの盆踊りみたいで超楽しかった。
道頓堀の川の上のオオカミさんを挟んで、両岸からみんなで腕を突き上げてて。
続けて「Dive」。野外で、川の上でライブなんて、
どんな感じなのかしら?と思ったけど
案外ちゃんとした音が鳴ってたし、大きい口になってるオオカミさんを
近くでみるのが初めてだったので、それがとってもとても面白くて
振り向く度にキャーキャーなったwww 「天国でまた逢おう」を思い出した。
頭部がオオカミだと、手の存在が生々しくて、
普通の人間より手のセクシーさが強調される気がした。
MCはちょっとだけ。「ダイブしないように」「これフリじゃないから」
「若い知り合いのイベンターの首が飛ぶ」とか。
そして「Raise your flag」この曲も有名でしょ。
「声の限り叫んで〜♪」TVで聞いたことあるもん。一緒に歌って来たよ。
そんで、最後の曲(ええ〜もう終わり!?)「Seven Deadly Sins」。
丁度ウチを出る前にMV見てて、面白くてカワイイな♡と思っていたの。
ウォーーオーーと歌いましたよ♪1、2、3、4、5、6、7もやってきた♡
すごく楽しかった〜〜〜〜

2012、3年頃から知ってたけど、なんとなくボーカルの声が好みじゃなくて
キョリを置いて来たの。。。なんだろ?アレキに続いての、この急速なハマり具合は?

MAN WITH A MISSION ブログトップ
メッセージを送る